Rakuten infoseek

辞書

ミカエル5世【ミカエルごせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミカエル5世
ミカエルごせい
Michael V Calaphates
[生]?
[没]1042以後
ビザンチン皇帝 (在位 1041~42) 。ミカエル4世の甥で,その退位後,即位するが,先帝の皇妃ゾエを軟禁したことにより首都コンスタンチノープルの住民,貴族,教会諸勢力の反対を受け,1042年4月 20日に失脚両眼を焼かれ,修道院に入り,そこで没した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミカエル5世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミカエル5世の関連情報

関連キーワード

エドワード[懺悔王]ゾエスウェイン2世ウルバヌスEdward the Confessorデーン人ベルギー王国アティーシャエドワード[懺悔王]和邇

他サービスで検索

「ミカエル5世」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.