Rakuten infoseek

辞書

マン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マン
Mann, Heinrich
[生]1871.3.27. リューベック
[没]1950.3.12. カリフォルニア,サンタモニカ
ドイツの小説家,評論家。トーマス・マンの兄。富裕な穀物商の家に生れ,出版社に勤めたのち,イタリア,フランスに滞在,特にフランスの思想,教養から深い影響を受けた。ウィルヘルム体制下の権威主義的な社会に攻撃を加えた時代批判の小説で知られる。第1次世界大戦中は急進的デモクラシーを唱道して弟トーマスとさえ対決。 1930年プロシア・アカデミーの文芸部門の長となる。 33年チェコスロバキアを経てフランスに亡命,反ファシズム運動を行う。 40年アメリカに逃れ,49年東ドイツ・アカデミー院長に任じられたが,帰国を前にして死亡。『逸楽郷にて』 Im Schlaraffenland (1900) ,『ウンラート教授』 Professor Unrat oder das Ende eines Tyrannen (05) ,『小さな町』 Die kleine Stadt (09) ,3部作『帝国』 Das Kaiserreich (14~25) ,歴史小説『アンリ4世の青春』 Die Jugend des Königs Henri Quatre (35) ,『アンリ4世の完成』 Die Vollendung des Königs Henri Quatre (38) などのほか,『精神と行動』 Geist und Tat (31) などの文明批評,政治評論がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
Mann, Horace
[生]1796.5.4. マサチューセッツ,フランクリン
[没]1859.8.2. オハイオ,イエロースプリングズ
アメリカの教育家。「アメリカ公教育の父」と呼ばれており,その改革案は多くの点で現代公教育の基盤をなしている。貧困と逆境のなかで育ち,ようやくブラウン大学に入学を許され,1819年卒業。生涯の仕事として法曹界入りを希望し,23年弁護士となる。 27~33年マサチューセッツ州議会議員,35~37年同州上院議員,37~48年同州教育委員会初代教育長。この間公立学校制度の改革,教師の待遇改善などを行い,またアメリカ合衆国初の師範学校の創設 (1839) に尽力した。のち連邦下院議員 (48~53) ,アンティオーク大学学長 (52~59) をつとめ,教育改革に貢献した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
Mann, Klaus
[生]1906.11.18. ミュンヘン
[没]1949.5.22. カンヌ
ドイツの小説家。トーマス・マンの長男。 18歳で文筆生活に入り,ベルリンで劇評家,ジャーナリストをしていたが,1933年アムステルダムに亡命。同地で亡命者の雑誌『集合』 Die Sammlungを発行。 36年渡米し帰化,アメリカ兵としてアフリカ戦線で戦った。行動的に自由の世界を切り開こうとしたが,フランスで自殺した。第2次世界大戦後の混乱のなかで精神の無力に絶望した世代の典型といえる。小説『悲愴交響曲』 Symphonie pathétique (1935) ,自叙伝『転回点』 The Turning Point (42) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
Mann, Thomas
[生]1875.6.6. リューベック
[没]1955.8.12. チューリヒ
ドイツの小説家,評論家。 H.マンの弟。富裕な穀物商の家に生れたが,1891年の父の死後家運は傾いた。 93年ミュンヘンに移り,保険会社に勤務しながら,ミュンヘン大学で美術史,文学史などを聴講。 1933年亡命,38年アメリカに逃れた。第2次世界大戦後はスイスに定住。ショーペンハウアー,ニーチェ,ワーグナーらの影響を受け,完成された文体と,神話への志向,パロディーの駆使などにより,20世紀の最も重要な作家の一人に数えられる。最初の小説『ブッデンブローク家の人々』 Die Buddenbrooks (1901) における市民性と芸術性,生と精神の対立は,短編『トーニオ・クレーゲル』 Tonio Kröger (03) ,『ベニスに死す』 Der Tod in Venedig (12) などにも形を変えて追究され,彼の終生のテーマとなった。『魔の山』 Der Zauberberg (24) ,『ファウスト博士』 Doktor Faustus (47) などは,文化・時代分析の書ともいえよう。ほかに4部作『ヨーゼフとその兄弟たち』 Joseph und seine Brüder (33~43) ,『ワイマールのロッテ』 Lotte in Weimar (39) ,『選ばれし人』 Der Erwählte (51) ,『詐欺師フェーリックス・クルルの告白』 Bekenntnisse des Hochstaplers Felix Krull (54) ,政治評論『非政治的人間の考察』 Betrachtungen eines Unpolitischen (18) など。 29年ノーベル文学賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
Mann, Thomas(Tom)
[生]1856.4.15. ウォリックシャー,フォールズヒル
[没]1941.3.13. ヨークシャー,グラシントン
イギリスの労働運動指導者。通称トム・マン。 1881年合同機械工労働組合に加入。 89年ロンドンの港湾労働組合初代委員長となり,最低賃金制,8時間労働制,労働権を要求して港湾ストライキを指導。独立労働党の結成に尽力し,94~97年全国書記。 96年国際船舶・港湾・河川労働組合連盟を創設し,初代委員長となった。 1916年イギリス社会党に加入,20年にはイギリス共産党の創立に加わった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
Mun, Albert, Comte de
[生]1841.2.28. セーヌエマルヌ,リュミニー
[没]1914.10.6. ボルドー
フランスの政治家。キリスト教社会主義者。 1870年普仏戦争の際,メッスで捕虜となったが,そのときキリスト教的社会活動に献身することを決意。 71年「労働者カトリック・クラブ」を設立,81年より雑誌『カトリック協会』を発行した。ブーランジェ事件に共鳴し,反教権主義政策に反対した。 97年アカデミー・フランセーズ会員に選ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
Mun, Thomas
[生]1571.6.17. 〈洗礼〉ロンドン
[没]1641.7.21. 〈埋葬〉ロンドン
イギリスの経済著述家。イタリア,レバント貿易に従事したのち,1615年東インド会社理事。同社の貿易がイギリスの鋳貨を流出させるとの非難にこたえて『イギリスの東印度貿易に関する一論』A Discourse of Trade,from England unto the East-Indies: Answering to Diverse Objections which are usually made against the Same (1621) を著わし,さらに『東インド会社の請願と進言』 The Petition and Remonstrance of the Governor and Company of the Merchants of London,trading to the East-Indies (28) を公刊して会社を弁護,また 30年頃に執筆した『外国貿易によるイギリスの財宝』 England's Treasure by Foreign Trade (公刊 64) で個別的貿易差額説に基づく重金主義を批判し,全般的貿易差額説に立つ重商主義経済理論を展開した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
Man
コートジボアール西部の町。マン県の県都。ブワケ西南西約 280kmに位置。ダン族の交易中心地で,カカオ,コーヒー,木材,畜産物などを集散。南方に豊富な鉄鉱石鉱脈が発見され,ヨーロッパ,アメリカ,日本の協力により,1980年代に開発が始まった。象牙細工伝統工芸も有名。国内空港がある。人口8万 8294 (1988) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
Mann, Delbert Martin, Jr.
[生]1920.1.30. カンザス,ローレンス
[没]2007.11.11. カリフォルニア,ロサンゼルス
アメリカ合衆国の映画監督,テレビドラマ演出家。テレビでの低予算の手法を映画に応用し,『マーティ』Marty(1955)や『独身者のパーティ』The Bachelor Party(1957)といったテレビドラマの映画化作品を制作した。2作とも脚本はパディ・チャイエフスキーによる。『マーティ』は予想外にヒットし,アカデミー賞作品賞と監督賞を受賞した。長編映画とテレビ映画を数多く手がけ,NBCで放送された高視聴率ドラマシリーズ「フィルコ・テレビジョン・プレイハウス」Philco Television Playhouseでは 100以上のドラマを制作した。また,1969~71年には全米監督協会の会長を務めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
MAN AG
ドイツのエンジン,機械会社。 1986年 M.A.N.マシネンファブリク・アウクスブルク=ニュルンベルク (持株会社) とグーテホフヌングスヒュッテとの合併により設立。トラックやバス,印刷機械,鉄鋼の生産を中心にプラント建設,ディーゼルエンジン,タービン,ボイラ,土木機械などを手がける。輸出は全体の約6割,そのほぼ半分がヨーロッパ向けである。年間売上高 213億 5400万マルク,総資産 140億 2200万マルク,従業員数6万 2564名 (1997) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マン(man)
人。男性。「マンウオッチング」「マンツーマン
名詞の下に付いて複合語をつくり、それを職業にしている人、それに関係している人、の意を表す。「ガードマン」「銀行マン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン(Mann)
(Heinrich ~)[1871~1950]ドイツの小説家・批評家。の兄。ナチス時代、フランス・米国亡命、反ファシズム闘争を展開した。作「ウンラート教授」「アンリ四世」など。
(Thomas ~)[1875~1955]ドイツの小説家。の弟。ナチス政権成立後、米国に亡命、ヒューマニズムの立場からナチズム批判を続けた。生と精神との対立・調和の問題を追求し、1929年ノーベル文学賞受賞。作「ブッデンブローク家の人々」「トニオ=クレーゲル」「ベニスに死す」「魔の山」「ファウスト博士」など。トマス=マン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

マン
日本の特撮テレビ番組『ウルトラマン』(1966~67)に登場する巨大変身ヒーロー、ウルトラマンの俗称

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マン【Heinrich Mann】
1871‐1950
ドイツの作家。トーマス・マンの兄。北ドイツの商都リューベックの豪商の家に長男として生まれたが,作家生活の初めから社会主義的傾向を示し,いわゆる〈ウィルヘルム期〉の権威主義的,俗物主義的な諸現象に対する痛烈な批判者であった。第1次大戦の勃発にさいしてにわかにドイツ的,国民的なものへの共感を表明した弟トーマスに対して,ハインリヒはヨーロッパ的,普遍的立場を堅持してエッセー《ゾラ論》(1915)で弟に批判を加え,兄弟のあいだに深刻な亀裂が生じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マン【Horace Mann】
1796‐1859
アメリカの教育行政家,政治家。〈アメリカ公立学校の父〉といわれる。マサチューセッツ州フランクリンに生まれる。1819年ブラウン大学卒業,23年弁護士となり,マサチューセッツ州下院議員(1827‐33),上院議員(1833‐37),および上院議長(1837)として慈善事業,医療事業,社会事業関係の立法に尽くした。また,37年同州においてアメリカで最初の教育委員会の創設の立法を推進し,みずからその教育長を12年間にわたって務めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マン【Klaus Mann】
1906‐49
ドイツの小説家評論家。トーマス・マンの長男。18歳の頃から,第1次大戦後の,可能性をはらんだ混沌の申し子のように,新進の流行作家として,創作,評論に多彩な活動ぶりを示したが,折から勢力を強めてきたナチズムに鋭い対決姿勢を示し,作家の社会的責任についての認識と行動を深めていった。1933年の亡命はそうした信念と活動の帰結で,35年にアメリカへ移るまではアムステルダムで雑誌《集合》を刊行して,亡命者結集の精神的中心をなしていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マン【Thomas Mun】
1571‐1641
イギリスの重商主義理論家。イギリス東インド会社の重役で,同社が銀を大量に輸出することに対する批判にこたえて,《外国貿易によるイングランドの財宝》(1664)を著し,輸入された東インド物産が他国に再輸出されることで,同社がむしろイギリスの国際収支の改善に貢献していると主張。個別取引の差額を問題にする立場から全体としての収支を考える〈貿易差額〉論への重商主義理論の展開の契機となった。【川北 稔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マン【Thomas Mann】
1875‐1955
ドイツの作家。北ドイツの商都リューベックの穀物商会を営む豪商の家に生まれた。作家のハインリヒ・マンは兄で,父の死後,家族とミュンヘンに移り住んだ。19歳の頃から創作にふけり,1898年短編集《小男フリーデマン氏》を刊行,次いで1901年に発表した長編《ブデンブローク家の人びと》によって作家としての地歩を確実なものにした。03年には《トニオ・クレーガー》を含む短編集《トリスタン》,05年には唯一の戯曲《フィオレンツァ》を発表するが,重厚な文体の作品にはショーペンハウアー,ワーグナー,ニーチェの影響がうかがわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マン【man】
人。男。多く、名詞の下に付いて複合語をつくり、それを職業とする人、それにかかわりのある人、その集団の一員などの意を表す。 「宣伝-」 「ジャズ-」 「早稲田-」 〔女性を表すウーマンに対して、男性だけを表す場合がある〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン【Mann】
〔Anthony M.〕 (1906~1967) アメリカの映画監督。西部劇などで1950年代のハリウッドで活躍した。代表作「裸の拍車」「グレン=ミラー物語」「ウィンチェスター銃 '73 」など。
〔Heinrich M.〕 (1871~1950) ドイツの小説家。文明批評家。フランス・アメリカに亡命して反ナチズム闘争の先頭に立った。崩壊する市民社会を風刺的に描いた小説「ウンラート教授」「臣下」、歴史小説「アンリ四世」、回想録「一時代を検閲する」など。
〔Horace M.〕 (1796~1859) アメリカの教育改革者。上院議員を経てマサチューセッツ州初代教育長となる。公立学校の施設改善、教員の待遇改善・資質向上などに尽力。
〔Thomas M.〕 (1875~1955) ドイツの小説家。の弟。市民と芸術家、生と精神の対立・超克を追求。また、ヒューマニズムの立場から一貫してナチスを批判。スイスとアメリカに亡命。作「ブッデンブローク家の人々」「大公殿下」「魔の山」「ファウスト博士」「選ばれた人々」、短編小説「トニオ=クレーガー」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン【MAN】
〖metropolitan area network〗
複数の LAN どうしを接続した(または LAN を比較的広域に拡大した)高速ネットワークのこと。ビル内、大学の敷地内、企業の地域内事業所、都市全体などをカバーする。メトロポリタンエリアネットワーク。 → ランWAN

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

マン
生年月日:1571年6月17日?
イギリスの経済著述家
1641年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
生年月日:1885年11月17日
ベルギーの政治家,社会学者
1953年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マン
〘名〙 (man) 人。男。多く、「銀行マン」「鉄道マン」「宣伝マン」など、他の語につけてその方面の仕事をする人の意で用いられる。〔舶来語便覧(1912)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン
[一] (Thomas Mun トマス━) イギリスの経済学者。東インド会社理事。重商主義の「外国貿易によるイギリスの財宝」を著わし、全般的な貿易のバランスを重視する貿易差額説を主張した。(一五七一‐一六四一
[二] (Thomas Mann トマス━) ドイツの小説家。ハインリヒ=マンの弟。最初の長編「ブッデンブローク家の人々」(一九〇一)以後、人間の運命と愛について、人間心理の深層をえぐる壮大なスケールの小説を発表し、一九二九年ノーベル賞を受賞。代表作は「ベニスに死す」「魔の山」「ファウスト博士」など。(一八七五‐一九五五
[三] (Heinrich Mann ハインリヒ━) ドイツの小説家、評論家。トマス=マンの兄。政治、社会に対し文明批評的な鋭い批判を加えた。代表作「ウンラート教授」など。(一八七一‐一九五〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マンの関連情報

関連キーワード

廃藩置県普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手おもなお雇い外国人日本科学史(年表)

他サービスで検索

「マン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.