Rakuten infoseek

辞書

マントル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マントル
外套膜」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マントル
mantle
地球内部の分類の一つで,地殻との中間層。大陸の下では平均約 35km,海洋の下では 5~10kmの深さにあるモホロビチッチ不連続面と,深さ 2900kmにある核の上面の間の地球部分。体積は地球の 83%を占める。ケイ素,マグネシウム,鉄を主成分とする橄欖岩で構成される。深さ 410~660kmの間で地震波の速度が急激に増加する層があり,橄欖岩の結晶構造が圧力とともに変わることに対応している。この層を遷移層と呼び,これより浅い部分(遷移層を含めることもある)を上部マントル,660kmより深い部分を下部マントルという。マントル最上部の密度は 3.4g/cm3程度,深さとともに密度が大きくなり,最下部では 5.6g/cm3程度である。温度は最上部で 500℃程度,深さとともに高くなり,核との境界付近では 4000℃と推定されている。マントルは固体であるが,きわめてゆるやかに流れる性質も持ち合わせている。地殻を含めた深さ 100km程度まではリソスフェアと呼ばれる流れにくい領域で,その下にある上部マントルの残りの部分はアセノスフェアと呼ばれる流れやすい領域,さらにその下の下部マントルはメソスフェアと呼ばれ,再び流れにくい性質の領域になる。(→マントル対流

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マントル
Mantle, Mickey
[生]1931.10.20. オクラホマ,スパビノー
[没]1995.8.13. テキサス,ダラス
アメリカ合衆国のプロ野球選手。フルネーム Mickey Charles Mantle。強力なスイッチヒッター(左右両打ち打者)として知られる。1951~68年アメリカンリーグのニューヨーク・ヤンキーズでプレー。通算 536本塁打を残し,1955,1956,1958,1960年の 4度にわたりリーグ本塁打王に輝いた。1961年に自己最多の 54本塁打を放ったが,チームメートのロジャー・マリスがベーブ・ルースの記録を上回るシーズン最多本塁打を達成したためタイトルは逃した。1956年には本塁打王,打点王,首位打者の三冠を達成。ワールドシリーズには 12回出場し,シリーズ最多記録となる 18本塁打を放った。1956,1957,1962年にはリーグ最優秀選手 MVPに選ばれている。引退後はヤンキーズのコーチや生命保険の販売などを手がけたが,1983年,ニュージャージー州アトランティックシティーのカジノで広報活動にかかわったという理由で,当時のコミッショナーによりプロ野球界から追放された。この処分は 1985年に解除されている。1974年野球殿堂入りを果たした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マントル(mantle)
地球内部の、地殻との間の層。地殻のすぐ下にあるモホロビチッチ不連続面から深さ2900キロまでの部分。体積は地球の約82パーセントを占め、橄欖岩(かんらんがん)質の固体と推定される。
ガスマントル」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

マントル
地下約35kmの深さにあるモホロヴィチッチ不連続と,約2 900kmの深さにある核の間に位置する岩石圏(geosphere)で,一般に橄欖(かんらん)岩質の組成と推測されている[Daly : 1943].その他に基盤岩石を覆っている未固結の岩石の一般的な名称に用いる[Grabau : 1920].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マントル【mantle】
地球の主要部分で,体積の83%を占め,固体よりなる。ただし,ごく一部分は部分溶融状態にある。密度の高い,マフィックなケイ酸塩よりなり,層構造をもつ。これは深部ほど圧力が増大し,相転移が起こるためと考えられている。 地球は上部より,地殻,マントル,に分けられる。地殻とマントルとの境界面であるモホロビチッチ不連続面(略称モホ面)の深さは,大陸の地下で約35km,海洋下で約12km程度である。またマントルと核との境界面の深さは,およそ2900km(より正確には2880~2890km)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マントル【mantle】
ガス灯などの炎をおおう器具。白熱套とう。ガス-マントル。
地殻の下限(モホロビチッチ不連続面)から深さ約2900キロメートルまでの部分。地球の体積の約83パーセントを占める。橄欖かんらん岩を主成分とする固体と推定されるが、地質学的にきわめて長い時間でみれば流動していると考えることもできる。外套部。
マント」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マントル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マントルの関連情報

他サービスで検索

「マントル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.