Rakuten infoseek

辞書

マロリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マロリー
Malory, Sir Thomas
[生]1408頃.ウォリックシャー,ニューボールドレブル
[没]1471.3.14. ロンドン
イギリスの作家,騎士。 15世紀最大の散文家で,アーサー王伝説の集大成『アーサーの死』 Morte Darthurの作者。ウォリック伯リチャード・ビーチャムに仕えてフランスに出征,ナイトに叙せられたが,数々の重罪や軽罪を犯したかどでしばしば投獄された。この大作は獄中で完成され,作者の死後 1485年にイギリス最初の印刷業者 W.カクストンによって出版された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マロリー
Mallory,George Herbert Leigh
[生]1886.6.18. イギリス,モバリー
[没]1924.6.8. チベット,エベレスト北壁
イギリスの探検家,登山家。牧師の家に生まれた。ウィンチェスター大学在学中に登山を始め,ケンブリッジ大学を卒業して教職についた。第1次世界大戦中は軍務につき,1919年教職に復帰。 1921年イギリスの名門山岳会「アルペン・クラブ」が派遣した第1次エベレスト遠征隊に参加。調査をおもな目的としたこの遠征でノース・コルを発見し,ルート開拓に成功した。 1922年酸素ボンベの初使用で知られる第2次遠征隊に再び参加。1回目のアタックは 8230m地点まで到達したが再アタックは雪崩によるシェルパの死亡事故により断念。 1924年第3次遠征隊にも参加。出発前「なぜエベレストに登るのか」と聞かれ「そこに山があるから」と答えたことは有名。アンドリュー・アービンとともに 8170m地点の最終キャンプから山頂を目指したが,再びキャンプに戻ることはなかった。その後,隊員の一人の目撃証言もあるが,2人が初登頂を果たしたのか否かをめぐる論争が繰り広げられた。 1999年に 8155m付近でマロリーの遺体が発見された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マロリー(Thomas Malory)
[?~1471]英国の文人アーサー王伝説を集大成した散文物語「アーサー王の死」を著し、近代英文学にも大きな影響を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マロリー(George Herbert Leigh Mallory)
[1886~1924]英国の登山家。1921年よりエベレスト遠征隊に3度参加したが、1924年に頂上付近で消息を絶った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マロリー【George Herbert Leigh Mallory】
1886‐1924
イギリスの登山家。牧師の家に生まれ,ケンブリッジ大学を出て教師となる。ウィンチェスター校で校長R.L.G.アービングから登山の指導を受け,ケンブリッジではG.W.ヤングとも親交があった。イギリスがエベレスト登山をはじめた1921年第1回の遠征隊員となり,22年の遠征では8225mまで達した。24年にも登頂隊員として参加したが,6月8日オックスフォードの学生A.C.アービンと8170mの第6キャンプを出発したまま帰らぬ人となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マロリー【Thomas Malory】
1410?‐71
アーサー王の死》の作者とされる人物。この作品は,アーサー王伝説の英語散文による優れた集大成とも称すべき,15世紀イギリス最高の散文作品であり,イギリス最初の印刷・出版業者W.カクストンによって1485年に出版された。マロリーの伝記は明らかではないが,ウォリックシャー生れの騎士で,40歳のころから殺人未遂,窃盗,強姦などの無法を重ね,投獄,保釈の連続ともいうべき数奇な人生を送り,この間,国会に議席も得ている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マロリー【Thomas Malory】
?~1471?) イギリスの文人。アーサー王伝説を集大成した「アーサー王の死」の作者とされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マロリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マロリーの関連情報

関連キーワード

勘合貿易遣明船(年表)オルジェイ・テムル鬼力赤人口減少元年新潟水俣病と患者認定新井堀の内遺跡の埋蔵銭日米の新聞業界足利義満看聞日記李成桂

他サービスで検索

「マロリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.