Rakuten infoseek

辞書

マルチ・ドメスティック戦略【マルチ・ドメスティックせんりゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マルチ・ドメスティック戦略
マルチ・ドメスティックせんりゃく
multi-domestic strategy
ハーバード大学ビジネス・スクールの M.ポーター教授が主唱するグローバル戦略のこと。企業がグローバルな競争を展開する際に,複数の国家にまたがってそれぞれの国の国内市場を制覇しようとする。このとき,単一製品を複数国内市場に展開する戦略と,異種製品を展開する戦略とがある。自動車などは前者の戦略をとって,各地域内市場を現地適応しながら展開している。フォード社は,ヨーロッパ・日本・アメリカにおいて,それぞれ異なる車種を開発して現地市場において競争している。他方後者の戦略をとる企業は,素材,部品,組み立てといった一連の垂直的な付加価値チェーンを利用しながらトータルな競争優位を確立している。日本の家電メーカーは,東南アジアで部品を生産し,日本で組み立て,欧米で販売する戦略を展開している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルチ・ドメスティック戦略」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルチ・ドメスティック戦略の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.