Rakuten infoseek

辞書

マルチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マルチン
Martin
スロバキア西部の都市。ブラチスラバ北東約 170kmに位置する。スロバキアの文化的中心の一つをなし,スロバキア民族文化の保存と普及にあたっているマチツァ・スロベンスカー (1863創立) の本部がある。 1918年に,チェコ人とスロバキア人との統一国家形成をうたったマルチン宣言は,この地でなされた。スロバキア民族博物館は特に著名。郊外には伝統的な農村家屋を集めた野外博物館がある。機械産業の一中心地でもある。人口5万 8338 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マルチン
まるちん
Rudolf Martin
(1864―1925)
スイスの人類学者。チューリヒに生まれ、チューリヒ大学助教授を経て1905年教授となった。1911年パリに移り、第一次世界大戦後はドイツに住んだ。その後ミュンヘン大学の人類学教授となり、現代自然人類学の基礎をつくった。とくに生体および骨格の計測法と観察法を統一し、データの比較研究を可能とした功績は大きい。1914年出版の『人類学教科書』Lehrbuch der Anthropologieは、自然人類学のバイブルともいわれ、後継者によって改訂が重ねられている。[埴原和郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルチンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.