Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

マルタン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マルタン
Martin, François
[生]1640頃.パリ
[没]1706.12.31. ポンディシェリー
フランスの植民地建設者。フランス東インド会社社員。 1664年マダガスカルに赴任,のちインドに転じ,オランダの圧力に対抗してフランスの勢力を扶植し,72年ポンディシェリーに商館を建設,商館長となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルタン
Martin, Frank
[生]1890.9.15. ジュネーブ
[没]1974.11.21. ナルデン
スイスの作曲家。生地で J.ラウバーに師事。 1921年以後ローマ,パリで学び,帰国後はジャック=ダルクローズ音楽学校で教え,26年室内楽協会を設立して演奏活動にたずさわる。 46年からはアムステルダムに住み,52~57年ケルン音楽院で教鞭をとったが,のちスイスに戻った。初期の作品にはフランクなどの影響がみられるが,のち 12音技法により作曲。その後調性音楽に部分的に 12音技法を結合し,独特の作風を形成した。主作品『ハープチェンバロ,ピアノのための協奏交響曲』 (1946) ,『7つの管楽器弦楽器打楽器のための協奏曲』 (49) やオラトリオ降誕の秘跡』 (57~59) ,『レクイエム』 (72) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルタン
Martin, Germain
[生]1872. ルピュイ
[没]1948. パリ
フランスの経済学者,政治家。大学の法学部教授をつとめたのち,1928年の総選挙でエロール県選出の代議士となり,左翼共和派に属し,大臣職を数度歴任した。主著『ルイ 14世治下のフランスの信用貸の歴史』 Histoire du crédit en France sous le règne de Louis XIV (1913) ,『フランスの国家財政私有財産』 Les finances publiques de la France et la fortune privée (14~25) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルタン
Martin, (Bon-Louis-) Henri
[生]1810.2.20. サンカンタン
[没]1883.12.14. パリ
フランスの歴史家。『フランス史』 Histoire de France (15巻,1833~36,改訂版 16巻,61~65) を著わし,フランス文明のケルト的起源を強調する民族主義的史観を表明。 1867年には7巻の抄訳本が刊行された。彼はまた熱心な共和主義者で,71年国民議会議員,76年元老院議員に選ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルタン
Martin, Henri-Jean-Guillaume
[生]1860.8.5. ツールーズ
[没]1943.11. パリ
フランスの画家。 1879年パリに出て 83年のサロンに初出品し,点描法による装飾的な画風を確立。 1917年にアカデミー会員。主要作品は壁画『諸芸術』 (1895,パリ市庁舎) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルタン
Martin, Pierre-Émile
[生]1824.8.18. ブールジュ
[没]1915.5.23. フルシャンボー
フランスの製鋼技術者。父は鉄工所の経営者。当時,製鋼の方法はすでによく知られていたが,操業に必要な高熱を得るための有効な手段がなかった。 W.シーメンズが蓄熱炉を開発したことを聞いたマルタンは,この方式で溶鉱炉をつくる許可を得て,1863年まず 1t容量の実験炉を建設し溶鋼に成功。これはシーメンズ・マルタン法,または平炉法といわれる。できた鋼鉄は,67年パリ博覧会に出品して金メダルを得た。しかし彼の特許は,すでに発見された方法の単なる応用にすぎないとの理由で係争問題となり,訴訟は長引き,H.ベッセマー発明のベッセマー法の成功もあって,手痛い打撃を受けた。しかし,1907年全ヨーロッパの製鋼業者の援助によって立直った。 15年鉄鋼協会は,彼にベッセマー賞を贈った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マルタン(Pierre Émile Martin)
[1824~1915]フランスの製鋼技術者。ジーメンスの蓄熱式反射炉の原理を利用して平炉製鋼法(ジーメンスマルタン法)を発明、転炉法より炭素の少ない鋼鉄を得ることに成功した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

マルタン
1890年ジュネーブに生まれる。作曲家。8歳の頃から作曲を始める。音楽の機関では教育を受けておらず、和声と作曲、ピアノをヨーゼフ・ラウバーに師事。1926年ジャック‐ダルクローズ研究所にて音楽理論と作 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

マルタン【Frank Martin】
1890‐1974
スイスの作曲家。スイス,イタリア,フランスに学び,1926年に生地ジュネーブに居を定め,室内楽協会を設立。鍵盤奏者として活躍する。一方,É.ジャック・ダルクローズ研究所で即興演奏法とリズム理論を教えたり,私立音楽学校長を務めるなど教育者としても活躍した。30年代以降に十二音技法や新古典主義的語法による重要作を生み出している。代表作は《バイオリン協奏曲》(1951)などの協奏的管弦楽曲である。【平野

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マルタン【Pierre Martin】
1824‐1915
屑鉄を用いる平炉製鋼法を発明したフランスの冶金技術者。ブールジェ生れ。鉱山学校卒業後,シルールにあった父エミールEmileの製鉄所で働いた。1864年にシーメンズ式の平炉(W.シーメンズとF.シーメンズの兄弟が1861年に発明)を用い,溶融銑鉄に屑鉄を加えることによって,銑鉄中の炭素分を下げ鋼を製造することに成功した。66年にはシーメンズ兄弟とマルタン父子との間で平炉稼行の契約が成立した。マルタンの製品鋼は67年パリ博覧会で金賞を得た。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マルタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルタンの関連情報

関連キーワード

キリシタンピューリタン革命ブラガンサ朝長期議会ピューリタン革命ラ・トゥールパチェコエキュジョアン[4世]ブラガンサ朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.