Rakuten infoseek

辞書

マルコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マルコ
Markos; Mark
聖人。1世紀頃活躍。新約聖書の『マルコによる福音書』の著者と目される。「マルコと呼ばれているヨハネ」 (使徒行伝 12・12) と同一人物らしい。バルナバのいとこ。使徒ペテロの通訳者,秘書 (ペテロ1書5・13) ,使徒パウロの同労者 (ピレモン書 24) 。パウロの第1回伝道旅行にはパンフリヤのペルガまで従ったが,ここからエルサレムへ引返した (使徒行伝 13・13) 。しかしこの帰還を理由にパウロの第2回伝道旅行には伴われず,パウロの方針に反対したバルナバとともにクプロへ渡った (同 15・36~40) 。のちパウロの許しを得たらしく有用な人物として言及されている (テモテ2書4・11) 。マルコがイエスの生涯に直接接したかどうかについては暗示的な記事があるが (マルコ福音書 14・51~52) ,推測の域を出ない。エルサレムにあった彼の母マリアの家は祈りのための信者の集合場所であったと伝えられている。4世紀末の伝説によれば,アレクサンドリア教会を建てそこで死んだという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルコ
MARUKO CO., LTD.
体型補整下着を主力に,有店舗試着販売で急成長した女性用下着メーカー。1978年繊維製品の製造及び販売を目的として奈良県橿原市に設立。1979年業界初のファンデーションセットの販売を開始。全国に店舗(サロン)を設置して有店舗試着販売を開始,以後店舗数は急速に伸び,社業拡大の基礎となった。2016年健康関連事業を行なうライザップグループの子会社となる。2018年持株会社体制に移行し MRKホールディングスに社名変更,新設子会社のマルコが下着販売関連事業を継承した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マルコ(Markos)
新約聖書マルコによる福音書」の著者とされる人物。エルサレムで生まれ、ペテロパウロに従い宣教活動をした。新約聖書には「マルコと呼ばれるヨハネ」と記されている。ヨハネはヘブライ語名。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

マルコ
金魚の一種絶滅種。丸みを帯びた体形背びれがない。和金の突然変異種。この種を改良して、肉瘤のあるらんちゅうが作出された。「丸子」の表記もある。「まるっ子」ともいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

マルコ
正式社名「マルコ株式会社」。英文社名「MARUKO CO., LTD.」。小売業。昭和53年(1978)設立。本社は大阪市中央区瓦町。衣料品会社。女性用体型補整下着を販売。ほかにボディケア化粧品・健康食品も扱う。直営店舗を全国展開。東京証券取引所第2部上場。証券コード9980。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マルコ【Mark】
1世紀半ばの,新約聖書に言及される初代のキリスト教徒の一人で,ヘブライ名はヨハネ(《使徒行伝》12:12)。パウロの《ピレモンへの手紙》24節によれば,パウロがおそらくエペソ(エフェソス)で獄中にあったときのよき協力者であったとされ,《コロサイ人への手紙》4章10節はバルナバのいとこであったとする。《使徒行伝》によれば,マルコの母マリアの家はエルサレムにおける初代教会の集会所であり(12:12),彼はパウロやバルナバとともに異邦人伝道に従事したとされる(12:25~13:13)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マルコ【Marco Kartodikromo】
1890ころ‐1932
インドネシアの民族主義運動指導者,ジャーナリスト小説家,詩人。中部ジャワのチェプに下級官吏の子として生まれ,二級原住民学校を卒業後,1911年インドネシア最初のムラユ語(インドネシア語)紙《メダンプリヤイ》の記者,また13年スラカルタ・イスラム同盟委員として民族主義運動指導者の経歴を開始した。24年共産党に入党してスラカルタ支部議長に就任,26年の共産党蜂起の直後逮捕されて西イリアンに流刑され,同地で病没した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マルコ【Markos】
新約聖書に登場するキリスト教徒の一人。パウロの協力者。後世、マルコ福音書の著者とされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マルコ
まるこ
Markos
1世紀のキリスト教会で活動したとされるエルサレム出身のユダヤ人。『新約聖書』その他の当時の文書に名前をとどめており、ヘブル名で「ヨハネ」ともよばれる。マルコの母マリアの家は、イエスと弟子たちの集会所であったらしい。マルコは従兄弟(いとこ)のバルナバとともに一時パウロの伝道旅行に同行し、またペテロにも通訳として協力した。晩年にはアレクサンドリア教会で働いたと伝えられる。一説によれば、「マルコ伝福音(ふくいん)書」の編集がこのマルコに帰されるが、確かなことはわからない。[土屋 博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典

マルコ
Marco Kartodikromo


1890.頃 - 1932
インドネシアの民族主義運動指導者,ジャーナリスト,小説家,詩人。
元・スラカルタ・イスラム同盟委員,元・共産党スラカルタ支部議長。
チェプ生まれ。
1911年インドネシア最初のムラユ語紙の「メダン・プリヤイ」の記者を経て、’13年スラカルタ・イスラム同盟委員。’24年共産党に入党し、スラカルタ支部議長。’26年共産党の蜂起直後逮捕され西イリアンに流刑され病死。’19年発表の小説「学生ヒジョ」は有名。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マルコ
(Markos Marcus) 新約聖書「マルコによる福音書」の著者とされる人物。エルサレムで生まれ、パウロ、ペテロに従い宣教活動をした。のちローマの獄中にあったパウロと、苦楽をともにしている。新約聖書には「マルコと呼ばれるヨハネ」と記されている。ヘブライ語名ヨハネ。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルコの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.