Rakuten infoseek

辞書

マルコ伝福音書【まるこでんふくいんしょ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マルコ伝福音書
まるこでんふくいんしょ
『新約聖書』のなかの共観福音書の一つで、現存する最古の福音書。「マタイ伝福音書」「ルカ伝福音書」はいずれもこれを資料として用いている。内容は、洗礼者ヨハネの登場からイエスの活動、受難を経て、空(から)の墓の発見に至る一連のできごとを、マルコの視点に基づいて述べたものである。十字架と復活に至る以前のイエスの生を、奇跡物語を中心にして描くというところにこの福音書の特徴があり、それはまた、福音書文学そのものの方向づけでもあった。福音書記者は、初期教団の伝承に基づきマルコMarkosとされているが、その人物を確定するための史料が存在するわけではない。執筆の場所をローマとする説も推測にとどまる。執筆の時期は、記事の内容から判断して、ユダヤ戦争の終わりに近いころ(70年より少し前)ではないかと考えられる。[土屋 博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルコ伝福音書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルコ伝福音書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.