Rakuten infoseek

辞書

マルケ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マルケ
Marquet, Albert
[生]1875.3.7. ボルドー
[没]1947.6.14. パリ
フランスの画家。パリのエコール・デ・ボザールで 1897年から G.モローに師事し,そこでマチスを知る。 1905年にマチスらとフォービスム運動を起したが過激を好まず,温和な色調と単純な形態で風景画を描いた。特に海景の作品で知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マルケ(Albert Marquet)
[1875~1947]フランスの画家フォービスムから出発し、のち穏やかな水辺の風景を多く描いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マルケ【Albert Marquet】
1875‐1947
フランスの画家。ボルドーに生まれ,少年時代,家族とともにパリに移る。装飾美術学校,エコール・デ・ボザール(国立美術学校)でマティスと知り合い,しばしば画室,モデルをともにする。1897年,風景画で最初に原色を用い,フォービスムを導く。1906年ころまでフォービスムの手法に忠実であったが,しだいにその色彩は柔らかさを増し,構図にも構成力があらわれる。07年ドリュエ画廊で最初の個展を開く。裸婦,風景,とりわけ港やパリの都市風景を好んで描き,玉虫色のニュアンスをそなえた色彩とゆるやかな構図によって,自然のもたらす情緒的雰囲気を巧みに表現した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マルケ【Albert Marquet】
1875~1947 フランスの画家。マチスらとフォービスム運動を興したが、のち原色的色調から離れ、穏やかな風景画を描いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マルケ
(Albert Marquet アルベール━) フランスの画家。フォービスムの代表的画家の一人。川や港など水のある風景を好んで描いた。代表作「海辺の謝肉祭」。(一八七五‐一九四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルケの関連情報

関連キーワード

フランス共和国憲法国民議会チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ジェームズポピュリスト党トンガ貿易銀ロダンワッパ一揆シャンボン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.