Rakuten infoseek

辞書

マルガリータ・ヨシフォヴォナ アリゲイル

20世紀西洋人名事典

マルガリータ・ヨシフォヴォナ アリゲイル
Margarita Iosifovna Aliger


1915.10.7 - 1973
ソ連の詩人。
ユダヤ系の家庭に生まれ、’33年から作品を発表した。詩集「生まれた年」(’38年)、「この年の冬」(’38年)、「鉄道」(’39年)、「石と草と」(’40年)を次々と発表した。代表的叙事詩「ゾーヤ」(’42年)はパルチザンに参加した女学生をうたったもので、戦争文学作品として高く評価され、43年度スターリン賞を受けた。他に戯曲「真実の物語」(’45年)などがあり、また’62年には来日し、日本をテーマとした詩二編を発表。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルガリータ・ヨシフォヴォナ アリゲイル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マルガリータ・ヨシフォヴォナ アリゲイルの関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット秋山清[各個指定]芸能部門神代辰巳沢渡朔高校野球ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)

他サービスで検索

「マルガリータ・ヨシフォヴォナ アリゲイル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.