Rakuten infoseek

辞書

マリアナ沖海戦【マリアナおきかいせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マリアナ沖海戦
マリアナおきかいせん
太平洋戦争中の 1944年6月 19日,マリアナ諸島西方沖で小沢治三郎中将指揮下の日本艦隊 (第1機動艦隊) と R.スプルーアンス大将指揮下のアメリカ第5艦隊との間で戦われた海戦。アメリカ軍サイパン島上陸作戦 (→サイパン島の戦い ) に付随して行われ,太平洋戦争中の最大の航空母艦 (空母) 合戦といわれる。ガダルカナル失陥後,戦勢を一挙に打開するために,日本の連合艦隊はフィリピンと東インド諸島の停泊地を出て北上したあと,アメリカ海軍と一大決戦を行う決意を固めてフィリピン方面からマリアナ海域へと進出した。スプルーアンス大将は,索敵中の潜水艦から日本の強力な艦隊接近の警報を受け,グアム島上陸作戦を延期して日本艦隊との海戦にそなえた。アメリカ側は 15隻の空母を有し,日本側は9隻で明らかに航空勢力は劣勢であったが,グアム,ロタ,ヤップ島の3島にある基地航空隊の支援を予定していた。6月 19日朝,小沢中将は航空機 430機を4波に分けてアメリカ第5艦隊を目がけて発進させた。連合艦隊司令長官豊田副武大将は,この海戦が日本海軍の航空力ならびに水上部隊の全力をもってする最後の決戦になるものと予想してZ旗を掲げた。しかし戦闘の第1日で,日本側は航空機 300機余と空母2隻を失い,さらに北上退避中,1隻の空母と航空機 100機近くを失った。2日間の戦闘を通じて,アメリカ軍は航空機 130機の損失と艦艇のわずかな損傷を受けたにとどまった。日本側の敗因は,レーダ能力の不足,操縦士の訓練不足と航空機の防弾装置の不十分さにあった。またアメリカ軍の潜水艦による情報とその攻撃力も日本側の敗因の一つにあげられる。マリアナ沖の敗退により,サイパン島は陥落し,以後,制海,制空を失った日本軍はアメリカ軍によって次々とマリアナ諸島の主要な島嶼を占領された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マリアナおき‐かいせん【マリアナ沖海戦】
太平洋戦争末期の昭和19年(1944)6月19日から20日にかけて、西太平洋のマリアナ諸島沖で行われた、日米両海軍の空母機動部隊による戦闘。日本の連合艦隊は壊滅的な敗北を喫し、この地域の制空制海権を確保した米軍は日本本土への空襲を激化させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まりあなおきかいせん【マリアナ沖海戦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マリアナおきかいせん【マリアナ沖海戦】
1944年(昭和19)6月、太平洋戦争における米軍のマリアナ諸島攻略をめぐり生起した日米の海空戦。日本機動部隊は空母と搭載機に大損害を受け、惨敗に終わった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マリアナ沖海戦
まりあなおきかいせん
太平洋戦争末期、1944年(昭和19)6月19~20日に行われた日米艦隊決戦。同年6月11日、米機動部隊はマリアナ海域に出現、15日にはサイパン島へ上陸を開始した。このため、連合艦隊は「あ号作戦」を発動、フィリピンのタウイタウイ泊地に待機していた小沢治三郎(じさぶろう)中将麾下(きか)の第一機動艦隊(空母9隻を基幹)が出撃した。スプルーアンス大将麾下の米機動部隊(空母15隻を基幹)は、マリアナ諸島西方に展開してこれを迎え撃ち、空前の艦隊決戦が行われた。この戦闘で米軍の損害は、航空機の喪失約100機、艦艇の小破数隻にとどまったのに対し、日本軍は航空機約400機を喪失、空母3隻、補給船3隻を撃沈され、加えてこの決戦とその前哨(ぜんしょう)戦のなかで虎(とら)の子の基地航空隊も壊滅的打撃を被った。
 マリアナ沖海戦は、日米兵力間の量的・質的格差を明白に示すとともに、米軍によるマリアナ攻略戦の勝利を不動のものとし、以後、日本本土は激しい空襲にさらされることになる。[吉田 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリアナ沖海戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マリアナ沖海戦の関連情報

関連キーワード

コレマツ対アメリカ合衆国裁判カミュレジスタンス文学もの派スタージェス中国白書鶴沢道八(1世)ギリシア民族解放戦線・人民解放軍エルランデル沖縄戦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.