Rakuten infoseek

辞書

マリアテレジア

デジタル大辞泉

マリア‐テレジア(Maria Theresia)
[1717~1780]オーストリアの君主。在位1740~1780。フランツ1世マリー=アントワネットの母。父カール6世の死後ハプスブルク家の全領土を相続オーストリア継承戦争七年戦争以後、内政・軍政改革を成功させ、絶対主義体制の確立に尽力した。マリアテレサ
ハイドン交響曲第48番ハ長調通称。1769年以前の作曲。通称はハイドンが仕えていたエステルハージ家を1773年にが訪問した際に演奏されたことに由来する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

マリアテレジア【Maria Theresia】
1717~1780 ハンガリー・ボヘミアの女帝、オーストリアの女帝(在位1740~1780)。ハプスブルク家の全領地を相続、オーストリア継承戦争・七年戦争を行う。オーストリアの国権強化、絶対主義確立に努めた。マリア=テレサ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マリア‐テレジア
(Maria Theresia) オーストリアの女帝(在位一七四〇‐八〇)。父帝カール六世からハプスブルク家の全領土を相続。オーストリア継承戦争・七年戦争でプロイセンと戦い、シュレジエン(シロンスク)を失ったが、行政・軍制の改革を断行して絶対主義体制を確立し、オーストリアの強国化に尽力した。マリア=テレサ。(一七一七‐八〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリアテレジア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マリアテレジアの関連情報

関連キーワード

武装中立同盟ペスタロッチ杉の葉前古典派音楽ぼんぼり三宝ゴードン暴動天明俳諧ティチング

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.