Rakuten infoseek

辞書

マラジョ島【マラジョとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マラジョ島
マラジョとう
Ilha de Marajó
ブラジル北部,パラ州北東部にあるアマゾン川河口部に位置する低平な島で,北西はアマゾン川の主要水路,南から東にかけてはパラ川,西はパラ川に注ぐアマゾン川分流によって本土から分けられ,北東は大西洋に面する。西半は熱帯雨林におおわれた湿地帯で,細い水路が網目状に交錯するが,東半はやや標高が高く,サバナ地帯が広がり,ウシやスイギュウの飼育が盛ん。東部には考古学的遺跡が多く,コロンブス前のアンデス文明のものに類似した土器などが多数出土している。東岸には近代的な海浜保養地ソーレがあり,州都ベレンとフェリーで結ばれる。面積約4万 km2

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マラジョ‐とう〔‐タウ〕【マラジョ島】
Ilha de Marajó》ブラジル北部、パラー州のアマゾン川河口にある島。マラジョ湾を挟んで、州都ベレンの対岸に位置する。森林・草原・湿地に覆われた平坦な土地が広がり、雨季にはその多くが水没する。草原地帯では牧畜が行われる。ホエザルリスザルなどのオマキザルの仲間が生息。マラジョー島。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マラジョ島
まらじょとう
Ilha de Maraj
ブラジル北部、アマゾン川河口部にある島。面積4万7964平方キロメートル。北のアマゾン川と南のパラ川との間に横たわり、西は狭長な水路によって本土と隔たっている。最高所でも標高20メートルに満たない低平な地形で、多くの部分は雨期になると浸水する。年中高温で多雨な気候下にあるが、9月から11月にかけて弱い乾期がある。島の西半分は森林、東半分は草原をなす。この草原はアマゾン地方有数の牧畜地帯で、水牛とウシの放牧が行われている。[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラジョ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マラジョ島の関連情報

他サービスで検索

「マラジョ島」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.