Rakuten infoseek

辞書

マラカイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マラカイ
Maracay
ベネズエラ北部,アラグア州州都。首都カラカスの西南西約 80km,海岸山脈中の盆地にあり,バレンシア湖北東岸に位置する。標高約 450m。ベネズエラの独裁者,J.V.ゴメスが活動中心地としたところで,その長い大統領在任期間 (1908~35) 中,市を文化・社会中心地とすべく,闘牛場,空港,オペラ劇場,公園などを建設した。現在周辺の農牧地帯の商業中心地で,農畜産物を集散するほか,同国の主要工業中心地の一つとして,繊維,製糖,製紙,レーヨン,ゴム,食品,セメントなどの工業が立地する。パンアメリカン・ハイウェー,鉄道が通る。人口 53万 8616 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マラカイ(Maracay)
ベネズエラ北部の都市。アラグア州の州都。首都カラカスの西約80キロメートルに位置し、バレンシア湖の北東岸に面する。ゴメス大統領の在任期間中である1908年から1935年まで首都が置かれ、空港・公園・歌劇場などが建設された。周辺に農地が広がり、農産物集散地となっている。工業も盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マラカイ【Maracay】
ベネズエラ北部,アラグア州の州都。人口35万4196(1990)。1650年に創設され長らく周辺の農産物の集散地,リャノの畜産物の交易地であった。20世紀前半J.V.ゴメス大統領により大規模な開発がなされ,農牧地や関連工業が興され教育文化施設も設置された。バレンシア,カラカス,マラカイという産業コンビナートの三角地帯が形成されている。また軍事上の要地として軍事基地や士官学校がある。【上谷 博】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マラカイ
まらかい
Maracay
ベネズエラ北部、アラグア州の州都。カラカスの南西80キロメートル、バレンシア湖の北東岸に位置する。人口45万9007(2000)。農業地域の中心地で、織物、たばこ、紙、酪農製品、食肉加工、農業機械などの工業が立地し、国立農業試験場や空軍基地がある。1908~35年のゴメス将軍の政権時代には首都であった。[山本正三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラカイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マラカイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.