Rakuten infoseek

辞書

マヌエル様式【マヌエルヨウシキ】

デジタル大辞泉

マヌエル‐ようしき〔‐ヤウシキ〕【マヌエル様式】
16世紀初めのポルトガルの建築様式の一。ゴシック式の影響を受け、大航海時代の繁栄を思わせる壮麗な作風が特徴。ジェロニモス修道院ベレンの塔に代表される。名称は、ポルトガル王マヌエル1世にちなむ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マヌエルようしき【マヌエル様式】
ポルトガル王マヌエル1世統治期(1495‐1521)に行われたゴシック建築様式。スペインのイサベル様式,初期プラテレスコ様式と同時代で,過剰装飾が特徴。イスラム様式のほか,海洋国らしくモロッコやインドの影響も見られ,船具や海産物などのモティーフも多用されている。この様式はほとんどポルトガル全土に及んだが,代表作にトマールのキリスト修道院,リスボン近郊ベレンのジェロニモス修道院などがある。【神吉 敬三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マヌエル様式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マヌエル様式の関連情報

他サービスで検索

「マヌエル様式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.