Rakuten infoseek

辞書

マニラ麻【マニラアサ】

デジタル大辞泉

マニラ‐あさ【マニラ麻】
バショウ科の多年草。高さ約7メートルに達する。バナナに似るが、葉は幅が狭くて密生してつく。地下茎で、地上のものは葉鞘(ようしょう)が重なり合った偽茎。上が雄花、下が雌花からなるをつける。葉柄繊維は強く軽くて耐水性があり、船舶用ロープなどにする。フィリピン諸島原産アバカ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マニラアサ【マニラ麻 Manila hemp】
アバカabacaとも呼ばれ,葉(葉鞘(ようしよう))から繊維を採るために栽培されるバショウ科の多年草。原産地フィリピンとされ,東南アジア熱帯で栽培される。草姿はバナナに酷似して,高さ約4mの葉鞘が巻き重なって茎状の偽茎を形成し,これが群がって株をつくる。葉身は狭長卵形で,長さ3.5m,幅50cmになる。果実はバナナに似て小型で,種子を有するが,増殖は主として吸芽(株から出た子苗)による。葉鞘から,強靱で弾力のある硬質繊維を採り,ロープや敷物などに利用する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マニラあさ【マニラ麻】
バショウ科の大形多年草。フィリピン諸島原産。繊維作物として熱帯で栽培。高さ約6メートル。葉は大きく楕円形で長い葉鞘ようしようがある。葉鞘からとれる繊維は強靭で軽く、耐水性があるので、船舶用ロープなどにする。アバカ。マニライトバショウ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マニラ‐あさ【マニラ麻】
〘名〙 バショウ科の木状草本。フィリピン諸島原産で、熱帯地方で繊維作物として広く栽培。高さ六~七メートルで、バナナによく似る。茎は葉鞘が密に重なり合ってできた偽茎。葉は長楕円形。花は穂状花序で単生。葉から採れる繊維は強靱で軽く、耐水性が大きいので、主に船舶用のロープとする。
※東京朝日新聞‐明治四〇年(1907)五月二六日「又当社の使用する原料はマニラ麻にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニラ麻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マニラ麻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.