Rakuten infoseek

辞書

マデイラ酒【マデイラシュ】

デジタル大辞泉

マデイラ‐しゅ【マデイラ酒】
マデイラ諸島でつくられる、アルコール度数の高いワイン甘口のものはデザートワインとして用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

までいらしゅ【マデイラ酒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マデイラしゅ【マデイラ酒】
モロッコの沖合、大西洋上にあるポルトガル領マデイラ島産の甘口ワイン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マデイラ酒
までいらしゅ
madeira
ポルトガル領マデイラ諸島でつくられる酒。デザートワインであるが、甘い菓子を食べながら飲む習慣もある。[原 昌道]

歴史

1418年ポルトガル人ザルコが上陸した際、うっそうと樹木に覆われた島のようすに、「樹木の島」という意味でマデイラと名づけたという。彼はこの樹木を燃やして畑にしたが、その灰のために非常に肥沃(ひよく)な土地になった。その後各国の入植者がやってきて、この地にサトウキビとブドウを植えた。なお、ブドウ栽培はイギリス人、ウィリアム・ボルトンの手によって始められたといわれ、最初は甘味の強いワインがつくられた。[原 昌道]

種類と製法

マデイラには淡色辛口から濃色甘口へと、ブドウ品種別にワインの性格の違ったものがある。たとえばセーシアルは辛口で淡色、香りが高い。ブアルはやや濃色でやや甘味があり、ベルデローはさらに濃色で甘口である。またマルムシーはマルボアシー種のブドウでつくったもので、特有の芳香があり色が濃く、甘口のワインでもっともよく知られている。
 製法は、まず果汁に焼石膏(しょうせっこう)を加え酸度を高めたのち発酵を行い、発酵が終わるころにブランデーを添加して発酵を止める。このワインを大樽(たる)に詰め、室温を50℃まで徐々に高めたのち、約1~2か月放置する。この温熟の間に白ワインは色が濃くなり、マデイラ特有の香りになる。温熟後果汁にブランデーを補強したものを加えて甘味をつける。マデイラの高級品は特殊な籐(とう)巻きの瓶で知られる。[原 昌道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マデイラ‐しゅ【マデイラ酒】
〘名〙 (マデイラはMadeira) ⸨マデラしゅ⸩マデイラ諸島産の強い白ぶどう酒。〔頭書大全世界国尽(1869)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

マデイラしゅ【マデイラ酒】

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マデイラ酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マデイラ酒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.