Rakuten infoseek

辞書

マテーラ洞窟住居

世界遺産情報

マテーラ洞窟住居
マテーラはサッシが密集する街として知られています。サッシとは岩壁を意味するサッソの複数形で、洞窟住居を意味します。マテーラの洞窟に人々が住むようになったのは新石器時代に遡るともいわれていますが、以降19世紀初め頃まで少しずつ形態を変化させながら、現在の壮観な街並みが形作づくられました。一時は人がいなくなったサッシですが、近年では修復して住居として利用したり、ホテルやレストランとしてオープンさせるなど、官民共同で再開発が行われています。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

マテーラ洞窟住居」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マテーラ洞窟住居の関連情報

他サービスで検索

「マテーラ洞窟住居」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.