Rakuten infoseek

辞書

マッシリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マッシリア
Massilia; Massalia
ギリシア名マッサリア。現フランスのマルセイユの古代名。前 600年頃小アジアのギリシア都市フォカイアの植民によって建設された。現ニースからマラガにいたる海洋帝国を築き,ブリタニアマウレタニアまで進出,陸路ではローヌ川に沿ってガリア,ゲルマニアヘ勢力を伸長した。土着のリグリア人,海外のエトルリア=カルタゴ同盟軍に対抗するため,ギリシア諸市やローマと同盟,前2世紀ローマ属州に編入された。蛮族や海賊の侵入で衰退したが,十字軍の出発港として繁栄を取戻した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッシリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マッシリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.