Rakuten infoseek

辞書

マックス アインホルン

20世紀西洋人名事典

マックス アインホルン
Max Einhorn


1862 - 1953
米国の内科医。
ロシア・グロドノ生まれ。
十二指腸ゾンデをはじめ胃内照明具や胃ゾンデ等多くの医療器械を創作し局所麻酔材剤ノボカインの合成にも成功,十二指腸ゾンデを使用するメルツェル・リヨン法によって黄疸や胆石症等の治療は長足の進歩を遂げた。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マックス アインホルン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マックス アインホルンの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑野村芳太郎川島雄三森一生サイゴン条約黒住教単層

他サービスで検索

「マックス アインホルン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.