Rakuten infoseek

辞書

マダムと女房【マダムトニョウボウ】

デジタル大辞泉

マダムとにょうぼう〔‐とニヨウバウ〕【マダムと女房】
五所平之助監督による映画の題名。昭和6年(1931)公開。日本初の本格的なトーキー映画。出演、渡辺篤田中絹代ほか。第8回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

マダムと女房
1931年公開の日本映画。監督:五所平之助、原作・脚本:北村小松。出演:渡辺篤、田中絹代、伊達里子、井上雪子、小林十九二、関時男、月田一郎ほか。第8回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マダムとにょうぼう【マダムと女房】
日本映画最初の〈本格的トーキー〉として知られる五所平之助監督作品。1931年製作。この作品以前に,小山内薫監督の短編《黎明》(1927),落合浪雄監督《大尉の娘》(1929),溝口健二監督《ふるさと》(1930)など数本のトーキー作品がつくられているが,無声映画のなごりの字幕を使わずに,全編会話だけで,そして当時の最高の技術水準でつくられたという点で,これが日本最初のトーキー映画の栄誉を担うに至った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マダムと女房
まだむとにょうぼう
日本映画。1931年(昭和6)作品。松竹蒲田(かまた)撮影所の土橋(つちはし)武夫・晴夫兄弟によるフィルム式トーキー作品であり、日本でオール・トーキーの成功作品として初めて評価された。脚本を北村小松、ギャグを伏見晁(ふしみあきら)、監督を五所平之助が担当。ナンセンス小市民映画の系譜を引き、郊外に新居をみつけた若夫婦(渡辺篤(あつし)と田中絹代)の数日を明るくユーモラスに描く。日常の会話と生活の音とを生かし、また、隣の音楽家グループ(マダムが伊達(だて)里子)のモダンな生活とジャズを対比効果的に取り入れた。「スピード時代」と題した主題歌も挿入している。市民生活の平和をうたい、モダニズムへのあこがれを漂わせる佳作。[千葉伸夫]
『五所平之助著『お化け煙突の世界――映画監督五所平之助の人と仕事』(1977・ノーベル書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マダムと女房」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マダムと女房の関連情報

他サービスで検索

「マダムと女房」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.