Rakuten infoseek

辞書

マゼラン雲【マゼランうん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マゼラン雲
マゼランうん
Magellanic Clouds
銀河系の伴銀河(衛星銀河)。大マゼラン雲小マゼラン雲の二つがあり,地球から最も近い銀河。両銀河とも南天の赤緯-70°近くにあり,大マゼラン雲はかじき座,小マゼラン雲はきょしちょう座に属する。15世紀以後,ヨーロッパの航行者たちが南半球へ進出するようになってから発見され,ポルトガルの航海者フェルディナンド・マゼランにちなんで命名された。日本からは見えない。大マゼラン雲は天球上での視直径約 8°,明るさ 0.1等で,太陽からの距離は約 15万光年,したがって実直径約 3万光年。小マゼラン雲は視直径約 4°,明るさ 2.4等,距離約 17万光年,実直径約 1.5万光年である。両星雲は角度で約 22°,距離にして約 7万光年離れており,ともに数十億個の恒星からなる不規則銀河で,O型や B型の青白い高温度星,ケフェウス型変光星ガス星雲星団を多く含む。大マゼラン雲には不規則ながら棒渦状構造が見られる。電波観測によると両銀河が共通水素の雲に包まれており,この雲はさらに筋となって銀河系を取り囲み,両雲が銀河系をまわる軌道上にたなびいている。これをマゼラン雲流(マゼランストリーム)と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マゼラン‐うん【マゼラン雲】
南天に見える棒渦巻き銀河旗魚(かじき)座大マゼラン雲巨嘴鳥(きょしちょう)座小マゼラン雲とがあり、ともに銀河系の伴銀河で、三連銀河を形成している。明るさは全天随一とされるが、日本からは見えない。マゼランが発見。マゼラン星雲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

マゼランうん【マゼラン雲】
銀河の一。形は不規則で南天にあり、銀河としては小さく、銀河系に最も近い。日本からは見えない。大マゼラン雲と小マゼラン雲があり、前者は旗魚かじき座にあり、距離16万光年、後者は巨嘴鳥きよしちよう座にあり、距離20万光年。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マゼラン‐うん【マゼラン雲】
天の南半球の空に見える不規則星雲。銀河系の伴星雲。大マゼラン雲と小マゼラン雲がある。一五二〇年マゼランが発見。マゼラン銀河とも。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マゼラン雲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マゼラン雲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.