Rakuten infoseek

辞書

マスタード

デジタル大辞泉

マスタード(mustard)
ヨーロッパ産のカラシナ。また、その種子を粉にした調味用の芥子(からし)。洋芥子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

マスタード
マスタードすなわちカラシは、ワサビやサンショウとともに、和食で多用されるスパイスの1つです。
 ヨーロッパでも古くから、塗り薬や湿布などに利用されており、三平方の定理でおなじみのピタゴラスも、その価値や効用に関する論文を書いているほど。
 また、中世の時代には、庶民が使える唯一のスパイスとして、広く愛好されていました。
 マスタードには主として、消化促進、駆風(くふう)(腸管内にたまったガスの排除)、鎮痛、消炎、新陳代謝の活性化といった作用があります。
 具体的症状としては、食欲不振、腹部膨満などに効果を発揮します。
○外用としての使い方
 粉末をぬるま湯で練り、ガーゼに包んで患部を湿布すれば、神経痛やリウマチ、気管支炎の痛みにも有効に作用します。
 この場合、肌の弱い人は、布地を厚めのものにしたほうがいいでしょう。
○食品としての使い方
 マスタードには、粒マスタードのほかに、練りガラシと溶いて使う粉末があります。
 マスタードにはホワイト(イエローとも呼ぶ)とブラウンマスタードシードがあり、ホワイトは辛みがやわらかく、ブラウンは辛みが強いのが特徴。
 ソーセージや肉料理に添えたり、青菜のおひたしの風味付けに使うのが、一般的な利用法です。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

大辞林 第三版

マスタード【mustard】
西洋芥子菜からしなの干した実を粉末にして作った調理用の芥子。洋芥子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マスタード
ますたーど
mustard
香辛料として用いられる洋がらしのこと。日本で昔から芥子(からし)とよばれている和がらしに対して、西洋からし、また白からしをさす。南ヨーロッパ、地中海沿岸から西アジアにかかる地域を原産地とする、アブラナ科の植物の成熟した莢(さや)を乾燥し、中の種子を直接、または粉末にして香辛料に用いる。
 からしを得る植物は、大きく5種類に分けられる。ホワイトマスタード(白からし、イエローマスタードともいう)にはシナピス・アルバSinapis alba L.とブラシカ・ヒルタBrassica hirta Moenchの2種がある。ブラックマスタード(黒からし)はブラシカ・ニグラB. nigra L. Kochを用いる。和がらしはブラシカ・ケルナB. cernua Hemsl.から得られ、これが日本独自の黒からしである。さらに日本、中国、インドなどで広く用いられているものにブラシカ・ユンケアB. juncea (L.) Cossがあり、これも一般に和がらしとよばれている。これらの主産地は、カナダ、デンマーク、オランダ、中国、インド、フランスであり、日本に輸入されるものはほとんどカナダ産である。
 マスタードの利用の歴史は古く、古代ギリシア時代からヘビやサソリのかみ傷、刺し傷の中和剤として用いられていた。『新約聖書』マタイ伝にも「天国は一粒のマスタードシードの如(ごと)し……」と記されていて、当時はマスタードの種子は小さいものの象徴とされていたようである。漢方では芥(がい)とよばれて胸痛、腰痛、打ち身、痛風に効くとされ、ぬるま湯で溶いたものは神経痛、肺炎、咳(せき)止めの貼(は)り薬として炎症を抑えるのに使われている。
 香辛料としての現在の粉末マスタードは1720年イギリスに始まるという。ダーハム州に住むクレメント夫人がホワイトマスタードの種子を十分に乾燥させ、粉末にしてこれをダーハム・マスタードと名づけて売り出し、これによって財をなしたといわれている。マスタードは辛味が料理の味を引き立てるとともに、防腐、食欲増進、乳化などの効果ももつため、マヨネーズやドレッシングには欠かせない香辛料である。ホワイトマスタードは比較的香りも穏やかで、揮発性の精油も少なく辛味も弱い。ブラックマスタードや和がらしの辛味は、種子中のシニグリン配糖体に水が加わると、酵素ミロシナーゼの働きでアリルイソチオシアネート(アリルカラシ油)に変化して出るもので、ぬるま湯で溶くほうが酵素の働きが活発になるので辛味も強くなる。ハンバーグステーキ、とんかつ、シューマイ、おでんなどの薬味に使う「練りがらし」にはブラックマスタードや和がらしがよくあい、サラダ用ドレッシング、マヨネーズ、フレンチマスタード、からし和(あ)え、豚肉のマスタード焼きなどにはホワイトマスタードが用いられる。粒のままのマスタードはピクルスや酢漬け野菜に使われる。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスタード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マスタードの関連情報

他サービスで検索

「マスタード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.