Rakuten infoseek

辞書

マジョラム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マジョラム
Origanum majorana; annual marjoram; garden marjoram; sweet marjoram; knotted marjoram
マヨラナともいう。シソ科多年草で,北アフリカから地中海沿岸,西南アジアに分布。耐寒性が低いため,日本では一年草として栽培されることが多い。葉は卵形対生花冠はごく小さく2唇形で,上唇は2裂,下唇は3裂し,総状または円錐花序を形成する。花色は白色のほか,ピンク色や紫色もある。草丈は約 50cm。ハーブとして利用され,特にギリシアでは重要な香辛野菜として茎葉肉料理などに使われる。ほかに茶やポプリにも利用できる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マジョラム(marjoram)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マジョラム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マジョラムの関連情報

他サービスで検索

「マジョラム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.