Rakuten infoseek

辞書

マグネシアセメント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マグネシアセメント
magnesia cement; oxychloride cement
ソーレルセメントともいう。炭酸マグネシウム水酸化マグネシウムを 1000℃以下で焼いてつくった軽焼マグネシア MgOを,にがり溶液 ( MgCl2 液) で練って硬化させたセメント硬化はオキシクロライド塩の生成による。木材との密着性がよいため,おが屑,コルク粒,石粉,砂などの充填材,色顔料を配合しモルタルとして使用。また,人造大理石の製造に用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まぐねしあせめんと【マグネシアセメント】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

マグネシアセメント
マグネシアセメント
magnesia cement

マグネサイトあるいは海水マグネシアを800~900 ℃ でか焼して得られる軽焼マグネシアを,塩化マグネシウム水溶液で練ると硬化するセメントの一種.砂,石粉,コルク,のこくずなどが配合され,建物,船舶,車両などの床,壁の塗装,人造石やタイルの製造に用いられる.硬化は速く,強度と硬度が高く,硬化体は光沢があり,半透明で着色もしやすいが,吸水性が高く,鉄をさびさせやすく,収縮が大きくき裂が生じやすい欠点もある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マグネシアセメント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マグネシアセメントの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.