Rakuten infoseek

辞書

マグヌス2世【マグヌスにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マグヌス2世
マグヌスにせい
Magnus II, Barfoett
[生]1073
[没]1103.8.24. アルスター
ノルウェー王 (在位 1093~1103) 。3世とも数えられる。「裸足王」とも呼ばれる。オーラフ3世 (静寂王) の子。父王の死によって王位についた。同じく王位を宣言したマグヌスの子ホーコンの死によって 1095年単独の王となった。精力的,好戦的で,国内の豪族バイキングを圧倒し,デンマーク領ハーランド (現スウェーデン南西部) ,オークニー諸島ヘブリディーズ諸島アイルランドスコットランド修道院などを略奪。スウェーデン領西部へも侵入するなど略奪と戦争の生涯を送った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マグヌス2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マグヌス2世の関連情報

関連キーワード

鳥羽天皇エーリック1世後三条天皇グレゴリウス7世ベネディクツス10世クレメンス3世岳飛鄭樵鳥羽天皇源有仁

他サービスで検索

「マグヌス2世」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.