Rakuten infoseek

辞書

マクベイン【まくべいん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マクベイン
まくべいん
Ed McBain
(1926―2005)
アメリカの推理作家。1956年に87分署シリーズ第一作『警官嫌い』を発表し、警察の捜査方法を忠実に取り入れた「警察小説」の代表的作家となる。以後、2002年までに52作を執筆。ニューヨークを下敷きにした架空都市アイソラを舞台に、複数の刑事たちを主人公とし、いくつかの事件が平行して進行、登場人物たちのおもしろさ、豊富なエピソード、人間味、ユーモア、巧みなストーリー・テリングが魅力で、半世紀にわたって執筆された長大シリーズでありながら、一作ごとにつねに高い評価を得た。シリーズ中の『キングの身代金』は黒澤明監督によって『天国と地獄』(1963)の題で映画化された。またフロリダの弁護士マシュー・ホープが主人公の童話・童謡題名シリーズを1978年から1998年までに13作発表。ほかにも多くの単発作品がある。
 本名のエバン・ハンターEvan Hunterの名では普通小説を書き、青少年の不良化と教育崩壊を描いた『暴力教室』(1954)は衝撃的な現場報告として話題をよび、映画にもなった。
 映画化、テレビドラマ化された作品も多数あり、『逢うときはいつも他人』『警官(さつ)』(映画邦題『複数犯罪』)は自ら映画脚本を執筆。アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『鳥』(1963)もハンターの脚本による。
 1950年代には、リチャード・マーステンRichard Marsten、ハント・コリンズHunt Collins、カート・キャノンCurt Cannonの筆名で短編・長編を数多く発表、その後、エズラ・ハノンEzra Hannon、ジョン・アボットJohn Abbottの筆名の作品も出している。
 マクベイン、ハンター、その他の筆名による作品は十数か国語に翻訳されており、推理作家としての業績を称(たた)えて、アメリカ探偵作家クラブから1985年度のグランド・マスター賞、1997年にノルウェーの推理作家団体リバートン・クラブからゴールデン・レボルバー賞、1998年には英国推理作家協会からカルティエ・ダイアモンド・ダガー賞を受賞、2000年には『ラスト・ダンス』によりフランクフルトe-Book賞を受賞した。[直井 明]
『エド・マクベイン著、井上一夫訳『警官嫌い』『凍った街』(ハヤカワ文庫) ▽エド・マクベイン著、井上一夫訳『キングの身代金』『ノクターン』(ハヤカワ・ミステリ文庫) ▽エド・マクベイン著、長野きよみ訳『最後の希望』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ) ▽エド・マクベイン著、山本博訳『ラスト・ダンス』『マネー、マネー、マネー』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ) ▽エド・マクベイン著、山本博訳『ビッグ・バッド・シティ』(ハヤカワ・ミステリ文庫) ▽エヴァン・ハンター著、井上一夫訳『暴力教室』(ハヤカワ文庫) ▽エヴァン・ハンター著、小林宏明訳『秘匿特権』(講談社文庫) ▽エヴァン・ハンター、エド・マクベイン著、山本博訳『キャンディーランド』(2001・早川書房) ▽直井明編『エド・マクベイン読本』(2000・早川書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクベイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マクベインの関連情報

関連キーワード

新藤兼人[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎マキノ雅広野村芳太郎中平康川島雄三市川崑清水宏鈴木清順

他サービスで検索

「マクベイン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.