Rakuten infoseek

辞書

マクセンティウス

世界大百科事典 第2版

マクセンティウス【Marcus Aurelius Valerius Maxentius】
?‐312
ローマの簒奪帝。在位306‐312年。マクシミアヌスの実子。父の退位後ローマ市で近衛軍を率いて蜂起して帝位を僭称し,イタリア,アフリカ,ヒスパニア(スペイン)を領有するにいたった。キリスト教徒迫害を停止したが,のちガリアに興ったコンスタンティヌス1世と対立し,彼のローマ進撃を迎え討とうとしてローマ郊外ミルウィウス橋で敗れ,部下2000人とともにティベル(テベレ)川で溺死した。【松本 宣郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マクセンティウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マクセンティウスの関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス(大帝)マクセンチウスマルケルス1世上告コンスタンティウス[1世]セウェルスコンスタンチウス1世セウェルス八王の乱いなべ(市)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.