Rakuten infoseek

辞書

マクスウェル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マクスウェル
Maxwell, James Clerk
[生]1831.6.13. エディンバラ
[没]1879.11.5. ケンブリッジ
イギリスの物理学者。エディンバラ大学とケンブリッジ大学に学び,アバディーンのマーシャル・カレッジ大学教授 (1856) ,ロンドンのキングズ・カレッジ教授 (60) ,ケンブリッジ大学教授 (71) 。ここでキャベンディッシュ研究所の創設に尽力,初代所長となった。数学に秀で 14歳で卵形曲線に関する論文をまとめた。光の色に関する研究,土星の環の研究 (59) から,気体分子運動論に転じ (60) ,熱と運動の関係,分子の速度分布則 (マクスウェル=ボルツマン分布 ) を導いた。さらに M.ファラデーがはなばなしく展開していた電磁気現象を手がけ (64~74) ,力線に数学的基礎づけを与え,場の考えを支持して有名なマクスウェルの方程式を導いた。それに基づいて,電気振動によって電磁波が発生すること,その伝播速度が速度に等しいこと,それが横波であることを予言し,光の電磁波説の基礎を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクスウェル
maxwell
磁束の CGS電磁単位またはガウス単位。記号Mx。 MKSA単位または SI単位ウェーバ (Wb) との関係は 1Mx=10-8Wb である。単位名は J.C.マクスウェルの名にちなむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マクスウェル(James Clerk Maxwell)
[1831~1879]英国の物理学者ファラデー電磁場理論を完成させて基本方程式を導き出し、光の電磁理論の基礎を築いた。著「熱の理論」「電気磁気論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクスウェル(maxwell)
CGS電磁単位系の磁束の単位。1マクスウェルは1億分の1ウェーバ。1平方センチに1マクスウェルがあるときを1ガウスという。J=C=マクスウェルの名にちなむ。記号Mx

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マクスウェル【maxwell】
CGS電磁単位系の磁束の単位。記号はMx。イギリスの電磁気学者J.C.マクスウェルにちなんで名づけられた。国際単位系のウェーバー(Wb)との関係は,1Wb=108Mx。また磁束密度が1ガウス(G)である場合,磁束に直角方向の1cm2の面積を通る磁束が1Mxとなる。【平山 宏之】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マクスウェル【James Clerk Maxwell】
1831‐79
イギリスの物理学者。エジンバラの地主の子として生まれる。1847年エジンバラ大学に入学,50年ケンブリッジ大学に移る。56‐60年アバディーン大学マリシャル・カレッジ,60‐65年ロンドン大学キングズ・カレッジの物理学教授をつとめ,61年ローヤル・ソサエティ会員となる。65年秋教授職を辞して郷里で研究を続けるが,71年春ケンブリッジ大学に創設された実験物理学講座の教授として戻り,74年キャベンディシュ研究所の初代所長に就任した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マクスウェル【maxwell】
イギリスの物理学者マクスウェルにちなむ
磁束の CGS 電磁単位またはガウス単位。一億分の1ウェーバ。記号 Mx  

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクスウェル【James Clerk Maxwell】
1831~1879 イギリスの物理学者。ファラデーの電磁場の研究を基礎に、マクスウェルの方程式を導出。また、電磁波の存在と、その伝播速度が光速度に等しく、さらにそれが横波であることを証明、光の電磁理論の基礎を築いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

マクスウェル【maxwell】
磁束のCGS単位。記号は「Mx」。1Mxは磁気誘導が1ガウスの磁場中で、1cm2断面を通っている磁束の数。SI単位系との関係では、1Mxが1億分の1ウェーバーに相当する。◇名称は、イギリスの物理学者マクスウェルにちなむ。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マクスウェル
[1] (James Clerk Maxwell ジェームズ=クラーク━) イギリスの物理学者。ファラデーの電磁場説を理論化し、電磁波の存在を証明した。主著「電磁気学」。(一八三一‐七九
[2] 〘名〙 (maxwell イギリスの物理学者マクスウェルにちなむ) CGS電磁単位系の磁束の単位。磁気感応が一である一平方センチメートルの面積をつらぬいてとおる磁束の数を表わし、l0-8 ウェーバーにあたる。記号 Mx

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

マクスウェル
James Clerk Maxwell
1831〜79
イギリスの物理学者
電磁場の理論を集大成し,光の電磁波説の基礎をつくった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクスウェル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マクスウェルの関連情報

関連キーワード

ドーミエベルギーゴローブニンジョードンバードハラタママイヨメイランワグネルゴローニン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.