Rakuten infoseek

辞書

マガダ

世界大百科事典 第2版

マガダ【Magadha】
古代インドの地名,国名。ガンガー(ガンジス)中流域の南岸地域で,今日のビハール州南部にあたる。前6世紀から1000年以上にわたり,諸王朝の下で北インドの政治,経済,文化の中心で,仏教,ジャイナ教もこの地で誕生した。 マガダ国が歴史の舞台で主役を演ずるのは,〈十六大国〉の一つとなった前6世紀からである。ラージャグリハ(王舎城)を首都とするこの国は,前6世紀の後半にビンビサーラアジャータシャトル父子のもとで強力となり,東方のアンガ国,北方のブリジVṛjji国,コーサラ国を次々に征服した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マガダ
まがだ
Magadha
インドのビハール州南部パトナとガヤー両県の古称。この地方に、前6世紀、ビンビサーラとアジャータシャトルという父子が現れて、強大なマガダ王国を建設した。後者のときには周辺の諸国を併合し、西北インドの強国コーサラを破ってガンジス流域の覇権を握った。このころ仏教やジャイナ教などの新しい宗教が生まれたし、稲作農業と都市の商業とが発達した。こうしてマガダはインドの政治、経済、文化の中心地帯となった。その後シャイシュナーガ朝は都をラージギルからパトナに移し、それを継いでナンダ朝はアレクサンドロス大王の遠征のころガンジス流域を支配して富強を誇った。前318年ごろナンダ朝を倒して北インド統一帝国を建設したのはマウリヤ朝であり、その都はパータリプトラ(現在のパトナ)に置かれ、その後も数世紀にわたってマガダは中心地帯の地位を維持した。4世紀にグプタ朝が興起したのはマガダであったが、6世紀中ごろ同王朝が滅ぶと、この地方の地位は低下し、7世紀前半ハルシャの都がカナウジに置かれると、北インドの政治の中心はそちらに移った。[山崎利男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マガダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マガダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.