Rakuten infoseek

辞書

マイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マイ
May, Ernst
[生]1886.6.27. フランクフルトアムマイン
[没]1970.9.11. ハンブルク
ドイツの建築家,都市計画家。ミュンヘンで A.ティエルシ,T.フィッシャーに学び,ロンドンの R.アンウィン建築事務所に勤務。 1925~30年生地の建築技師として都市計画,集合住宅建設にたずさわり革新的なジードルンクを建設。 27年に建築誌『ノイエ・フランクフルト』 Neue Frankfurtを創刊。 30~34年はソ連に招かれモスクワの全体計画を担当。その後は東アフリカのナイロビ,次いでダルエスサラームへ移住して農地計画にあたり,53年ドイツへ帰国後は戦災都市の復興に従事した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイ
May, Karl
[生]1842.2.25. エルンストタール
[没]1912.3.30. ラーデボイル
ドイツの小説家。幼少年期は貧窮のなかで過した。インディアンの登場する北アメリカ,あるいは近東を舞台とした空想的でエキゾチックな冒険小説で人気を博した。作品はキリスト教的倫理観が一貫し,常にが悪に勝つ結末となっている。『シルバー湖の』 Der Schatz im Silbersee (1894) など,ほとんどの作品が今日にいたるまでドイツ青少年の愛読書となり,多数映画化されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マイ(my)
[語素]他の外来語の上に付いて、私の、私の所有する、の意を表す。「マイホーム」「マイカー」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マイ【Karl May】
1842‐1912
ドイツの冒険小説家。ザクセン地方の織工の子として生まれ,5歳まで目が見えなかった。極貧の中で苦学し教師をめざすが数度の詐欺行為による入獄のため目的を果たさず,編集者を経て作家となる。農村小説やユーモア小説を手がけたのち冒険小説に転じ,オリエントを舞台にした《砂漠を越えて》(1892)の連作やアメリカ西部を舞台にした《ウィネトウ》(1893‐1910),《オールド・シュアハンド》(1894‐96)などで一躍流行作家となったが,マイ自身はそれらの地は知らなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マイ【my】
「私の」の意で、外来語の上に付いて複合語を作る。 カー ホーム

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マイ
まい
Karl May
(1842―1912)
ドイツの小説家。ドイツでもっとも多く読まれた大衆小説、少年小説作家。その発行部数は第二次世界大戦後だけでも3000万部(いわゆるマイ・ルネサンス)、累計では6000万部に達する(1980現在)。極貧の家庭に生まれ、犯罪者として前半生の十数年を獄舎で送り、出獄後33歳で初めて筆をとり、以後全集74巻に及ぶ膨大な作品を残した。このうち約3分の1は青少年向き。舞台を中近東、アメリカ西部、その他とほぼ三つに分けて冒険小説を書いた。主著は、作者が「私」の形で、アパッチの首長(しゅちょう)ウィネトゥとの友情と大西部における冒険を語った『ウィネトゥ』全三巻(1893)。[山口四郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典

マイ


メイをも見よ。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マイ
〘語素〙 (my) 「私の」の意。「マイホーム」「マイカー」 〔舶来語便覧(1912)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マイの関連情報

関連キーワード

ナンバースクール岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグ帝国大学巌本善治ジェロニモスティーブンソン帝国大学東京大学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.