Rakuten infoseek

辞書

マイケル フェルプス

最新 世界スポーツ人名事典

マイケル フェルプス
Michael Phelps
水泳
水泳選手(バタフライ・自由形) 北京五輪・ロンドン五輪金メダリスト
生年月日:1985年6月30日
国籍:米国
出生地:メリーランド州ボルティモア
受賞歴:ローレウス・スポーツ賞偉業達成賞〔2013年〕
経歴:2人の姉の影響で7歳から水泳を始める。2000年シドニー五輪に米国代表の最年少メンバーとして出場。2001年15歳9ケ月の史上最年少で男子200メートルバタフライの世界記録を樹立。同年世界選手権福岡大会の200メートルバタフライで世界記録をマークし金メダル。16歳でSPEEDOとスポンサー契約し、米国競泳界男子で最年少のプロとなる。2002年パンパシフィック選手権横浜大会では、200メートル個人メドレーと400メートル個人メドレー、4×100メートルメドレーリレーで金メダル、200メートルバタフライで銀メダル。2003年世界選手権バルセロナ大会では、200メートルバタフライ、200・400メートル個人メドレーで金メダル、100メートルバタフライ、4×200メートルリレーで銀メダル。同大会中5度の世界記録をマークし、男子として初めて1日2種目で世界記録を更新した。2004年アテネ五輪では米国男子として初めて個人5種目の五輪代表となり、100・200メートルバタフライ、200・400メートル個人メドレーの4種目で金メダルを獲得、4×200メートルリレー、4×100メートルメドレーリレーでも優勝し6冠。200メートル自由形、4×100メートルリレーは銅メダル。2005年世界選手権モントリオール大会では200メートル自由形、200メートル個人メドレー、4×100・4×200メートルリレー、4×100メートルメドレーリレーを制し、大会最多の5冠に輝く。100メートルバタフライは銀メダル。2006年パンパシフィック選手権ビクトリア大会(カナダ)の200メートルバタフライで世界記録をマーク。2007年3月世界選手権メルボルン大会では200メートルバタフライで1分52秒09、200メートル自由形で1分43秒86の世界記録を出すなど、7冠を獲得。2008年6月北京五輪米国代表選考会400メートル個人メドレーで自身の世界記録を上回る4分5秒25をマーク。8月の北京五輪では、200メートル自由形、100・200メートルバタフライ、200・400メートル個人メドレー、4×100・4×200メートルリレー、4×100メートルメドレーリレーで優勝し、史上最多の1大会8冠を達成。このうち、100メートルバタフライを除く7種目で世界記録をマークした。2009年2月英紙で大麻を吸引している写真が掲載され、全米水泳連盟は3ケ月間の出場停止処分を下す。8月の世界選手権は100メートルバタフライ(49秒82,世界記録)、200メートルバタフライ(1分51秒51,世界記録)、4×100メートルリレー、4×200メートルリレー(6分58秒55,世界記録)、4×100メートルメドレーリレー(3分27秒28,世界記録)で優勝し5冠、200メートル自由形は銀メダル。2011年世界選手権200メートル自由形と200メートル個人メドレーで同じ米国出身のライアン・ロクテに敗れ銀メダル。100メートルと200メートルバタフライは3大会連続で金メダル。2012年ロンドン五輪は100メートルバタフライと200メートル個人メドレー、4×200メートルリレー、4×100メートルメドレーリレーで金メダルを獲得し、史上初の3大会連続4冠を達成。200メートルバタフライと4×100メートルリレーは銀メダル、400メートル個人メドレーは萩野公介に競り負け4位。6個のメダル獲得は大会最多となった。大会後に現役を引退したが、国際水連から同年の最優秀選手に選出された。五輪史上最多となるメダル22個(金18,銀2,銅2)を獲得。金メダルの通算獲得数18個も歴代最多。

出典:日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

マイケル フェルプス
生年月日:1985年6月30日
アメリカの水泳選手

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

マイケル フェルプス
Michael Phelps
職業・肩書
元水泳選手(バタフライ・自由形) アテネ五輪・北京五輪・ロンドン五輪金メダリスト

国籍
米国

生年月日
1985年6月30日

出生地
メリーランド州ボルティモア

受賞
ローレウス賞偉業達成賞〔2013年〕

経歴
2人の姉の影響で7歳から水泳を始める。2000年シドニー五輪に米国代表の最年少メンバーとして出場。2001年15歳9ケ月の史上最年少で男子200メートルバタフライの世界記録を樹立。同年世界選手権福岡大会の200メートルバタフライで世界記録をマークし金メダル。16歳でSPEEDOとスポンサー契約し、米国競泳界男子で最年少のプロとなる。2002年パンパシフィック選手権横浜大会では、金メダル3個、銀メダル1個。2003年世界選手権バルセロナ大会では、200メートルバタフライ、200・400メートル個人メドレーで金メダル、100メートルバタフライ、4×200メートルリレーで銀メダル。同大会中5度の世界記録をマークし、男子として初めて1日2種目で世界記録を更新した。2004年アテネ五輪では米国男子として初めて個人5種目の五輪代表となり、個人4種目で金メダルを獲得、リレー2種目でも優勝し6冠。2005年世界選手権モントリオール大会では大会最多の5冠に輝く。2007年3月世界選手権メルボルン大会では200メートルバタフライで1分52秒09、200メートル自由形で1分43秒86の世界記録を出すなど、7冠を獲得。2008年6月五輪米国代表選考会400メートル個人メドレーで自身の世界記録を上回る4分5秒25をマーク。8月の北京五輪では、史上最多の1大会8冠を達成。このうち、100メートルバタフライを除く7種目で世界記録をマークした。2009年2月英紙で大麻を吸引している写真が掲載され、全米水泳連盟は3ケ月間の出場停止処分を下す。8月の世界選手権ローマ大会は100メートルバタフライ(49秒82,世界記録)、200メートルバタフライ(1分51秒51,世界記録)、4×100メートルリレー、4×200メートルリレー(6分58秒55,世界記録)、4×100メートルメドレーリレー(3分27秒28,世界記録)で優勝し5冠。2011年世界選手権上海大会200メートル自由形と200メートル個人メドレーで同じ米国出身のライアン・ロクテに敗れ銀メダル。100メートルと200メートルバタフライは3大会連続で金メダル。2012年ロンドン五輪は史上初の3大会連続4冠を達成。銀メダルは2個で、6個のメダル獲得は大会最多となった。大会後に現役を引退、国際水泳連盟から同年の最優秀選手に選出された。五輪史上最多となるメダル22個(金18,銀2,銅2)を獲得。金メダルの通算獲得数18個も歴代最多。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイケル フェルプス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マイケル フェルプスの関連情報

他サービスで検索

「マイケル フェルプス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.