Rakuten infoseek

辞書

ポートワイン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポートワイン
port
ポルトガル北部ドーロ川上流域で産するデザート用ワイン。ドーロ川河口にあるポルトから積出されるのでこの名がある。当年の生ワインに半熟成のワインとワインの蒸留液を加えて樽詰にし,8年ほど貯蔵されるが,蒸留液の混入によって発酵作用が停止するので,ぶどう甘味が残される。また,その混合の割合によって,幾種類かの製品が造られる。他の場所で造られたものでも類似のワインはポートワインと称されるが,日本では,アルコールに酸や砂糖,色素などを加えた模造ワインにもこの呼称がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポート‐ワイン(port wine)
暗紫色を帯びた甘口のぶどう酒。本来は、発酵途中でブランデーを加え独特の甘みを残したポルトガル産のぶどう酒をいい、ポルト(英語読みでポート)港から輸出された。ポルト酒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ポートワイン
ポルト(Porto)▼リスボンの北東二七四kmにある河港都市。英語名をオポートと称し、一七世紀以来「ポートワイン」の輸出港として知られている。レコンキスタ(国土回復運動)の後、一一四三年に正式に王位を得たアルフォンソ一世が、ポルトガル王国を建設した時の首都であり、国名の語源となった。ポートワインは、ポルトガル原産の、主として甘口の赤ワインで、北部のドウロ地方産のブドウを原料とする。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

ポートワイン【port‐wine】
ポルトガル産の強化ブドウ酒。たんにポートとも呼ぶが,この名はポルトガルの港市ポルト(英語でポート)から主としてイギリスに積み出されてきたことによる。現在では原産地呼称法により,ドーロ川上流のアウト・ドーロ地域で,同法の定める規格と制限に基づいてつくられたものに限り,ポートを呼称することが認められている。原料ブドウにはいくつもの品種を用いて混醸し,発酵中のもろみにブランデーを添加して発酵を停止させ,糖分を残したまま熟成させる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポートワイン【port wine】
発酵途中でブランデーを加えて、アルコール度を高めた甘味のあるワイン。また、それに似せた甘味のあるワイン。本来はポルトガル特産、オポルト港から積み出されたものをいう。ポルト酒。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

ポートワイン【port wine】

ポルトガル産の甘口の酒精強化ワイン。ぶどうを発酵させ、アルコール発酵が完全に終わる前に、まだ糖分を残した状態でブランデーを添加して発酵を止めたあと、熟成を行う。特に、食後酒などに用いる赤が知られる。アルコール度数は18~20度。「Port/Porto」はポルトガルの原産地呼称DOPの一つ。◇ドーロ川河口の都市ポルト(英語で「ポート」)から輸出されたことから。「ポート酒」ともいう。日本では1907(明治40)年、鳥井商店(現サントリー)が「赤玉ポートワイン」を製造発売後、これと同様の甘みの強い濃紅色の甘味果実酒をポートワインというようになったが、ポルトガルの原産地呼称を保護する観点から、現在はこの名称は用いない。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポートワイン
ぽーとわいん
port
ポルトガル北部のドーロ川流域でつくられる甘味の強いワイン(甘味果実酒)。ポートの名称は、ポルトporto港で貯蔵、船積みされることからきている。なおポートの製法は、17世紀の後半、イギリスに向けて輸出されたワインが、航海中に酒質を損なわないためにワインに少量のブランデーを加えていたことがヒントで、発酵中にブランデーを加える独自な方法が生み出されたと伝えられる。
 ポート製造に使われるブドウは、赤のティンタ・フランシスカ、白のマルバジアなどで、強烈な太陽と乾燥した気候の下で育ったブドウを完熟するまで木において、糖分を30%ぐらいにする。これをつぶして果皮とともに発酵させ、糖分が半分ぐらいに減ったところでブランデーを添加して発酵を止め、絞って上澄み液を集める。この液は発酵中果皮から色素が溶出して色はルビー色、アルコール分は19~20%、糖分は10~15%である。
 ポートの種類には、美しいルビー色で、4~5年熟成させた普及品のルビーポート、ルビーポートをさらに黄茶色まで熟成させたタウニーポート、同じ年に収穫したものだけを貯蔵熟成させたなかで、品質のよいものを選んだビンテージポート、わりあいよくできた年のものを早く瓶詰めして熟成させたオールド・クラステッド・ポート、ビンテージポートをさらに10~15年間熟成させた高級もののレイト・ボトルド・ビンテージポートがある。いずれも甘口で、デザートワインとして飲まれる。[原 昌道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポート‐ワイン
〘名〙 (port wine)⸨ポルトワイン⸩ 発酵途中のワインにブランデーなどを加えてアルコール度を高めた甘口のぶどう酒。元来はポルトガルのオポルト(ポルト)港から積み出されたものをいい、多くは赤色。日本では、砂糖などで甘みをつけた赤ぶどう酒をもいう。
※西洋衣食住(1867)〈福沢諭吉〉「其外『ポルトワイン』等を用ゆるなれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポートワイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポートワインの関連情報

他サービスで検索

「ポートワイン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.