Rakuten infoseek

辞書

ポートレート【ポートレート】

デジタル大辞泉

ポートレート(portrait)
肖像。肖像画。肖像写真。
文章による人物描写。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぽーとれーと【ポートレート】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポートレート【portrait】
肖像画。肖像写真。
ある人物を描き出した簡単な文章。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポートレート
ぽーとれーと
portrait
肖像、肖像画のことだが、写真の分野では人物写真、肖像写真のことで、人物の風貌(ふうぼう)描写を通して、個性や性格を表現するのを目的とする。日本では女性ポートレートが独立した分野として認められており、女性美のなかの官能性を強調することに力点が置かれている。また営業写真館が撮影するポートレートは営業写真と称され、顧客の注文目的に応じて、見合い写真、婚礼写真、各種記念写真までを含んでいる。
 営業写真が営業目的によって形式的に固定化してきたのに対し、芸術写真の担い手であったアマチュアの人物写真には形式的な拘束性が少なく、写真史上秀作を数多く残している。さらに写真ジャーナリズムの台頭による職業写真家たちのポートレートは1930年代初頭に始まり、モデルの社会的な話題性やキャラクターを強調して新しい展開を示した。ここでは演出による写真家の個性的表現が、とくに重要視されている。
 写真史の初期においては肖像画の模倣が多く、1850年代にはダゲレオタイプやカロタイプによる肖像写真が流行し、大衆の肖像画願望を完全に写真が代行するようになる。そして、露出時間を6秒に短縮した湿式コロジオン法の出現が肖像写真熱にいっそう拍車をかけることになった。
 肖像写真はスタジオ撮影が主流だが、スタティック(静的)な表現となるためにしだいに戸外でも撮影されるようになり、1920年代後半からは35ミリカメラの誕生とともにスナップ・ポートレートも盛んになり、また第二次世界大戦後のカメラ大衆化で、アマチュアが日常的にポートレートを撮影するようになったことは注目に値しよう。
 写真史上代表的な肖像写真家には、19世紀ではイギリスのD・O・ヒルやM・カメロン、フランスのナダール、20世紀初期には心理的な描写を行ったアメリカのスティーグリッツやスタイケンがあり、日本では幕末から明治にかけての上野彦馬(ひこま)が著名である。[重森弘淹]
『C・フォード解説『世界写真全集2 ポートレート』(1983・集英社) ▽田中雅夫編『日本写真全集5 人物と肖像』(1986・小学館) ▽小久保彰著『現代写真の展開』(1990・筑摩書房) ▽ナオミ・ローゼンブラム著、大日方欣一他訳『写真の歴史』(1998・美術出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポートレート
〘名〙 (portrait)
① 人物の姿、かたちを写しとった絵画や写真。肖像画や肖像写真の類。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉倫敦日記「趣のある印象派流のポートレートを」
② ある人物を紹介する記事。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポートレート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポートレートの関連情報

他サービスで検索

「ポートレート」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.