Rakuten infoseek

辞書

ポーツマス条約【ポーツマスじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポーツマス条約
ポーツマスじょうやく
Treaty of Portsmouth
日露戦争終結に際して日本ロシア間で結ばれた講和条約。 T.ルーズベルト大統領の斡旋によって 1905年8月 10日からアメリカの軍港ポーツマスで講和会議が開かれた。全権委員は日本側が小村寿太郎高平小五郎,ロシア側が S.ウィッテと R.R.ローゼン樺太 (サハリン) 割譲と賠償の問題をめぐって交渉は難航し,日本側が賠償金の要求を撤回した結果,同9月5日講和が成立した。そのおもな内容は,(1) 日本が朝鮮において指導,保護,監理を行う権利を有すること,(2) 両国が満州から撤兵すること,(3) 関東州租借地と長春-旅順間の鉄道を日本に譲渡すること,(4) 北緯 50°以南の樺太を日本に割譲すること,(5) 日本海,オホーツク海ベーリング海のロシア沿岸漁業権を日本に与えることなどであった。日本国内では賠償金と領土獲得を期待する声が強く,講和条約に不満の民衆は日比谷焼打ち事件などの行動を起した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポーツマス‐じょうやく〔‐デウヤク〕【ポーツマス条約】
明治38年(1905)日本とロシアとがアメリカのポーツマスで結んだ日露戦争講和条約。日本は小村寿太郎、ロシアはウィッテを首席全権とし、韓国における日本の優越権の承認、関東州の租借権および長春・旅順間の鉄道の日本への譲渡、南樺太の日本への割譲などを決めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポーツマスじょうやく【ポーツマス条約 Portsmouth Treaty】
1905年9月5日調印された日露戦争の講和条約。日本政府は日本海海戦後,アメリカ合衆国T.ローズベルト大統領に,日露講和の斡旋を希望し,同大統領は6月9日,正式に日露両国に講和勧告書を手交,ついで6月26日,アメリカ北東部,ニューハンプシャー州のポーツマスを日露講和談判地に指定した。一方,日本政府は,韓国の自由処分,ロシア軍の満州撤兵,遼東半島租借権およびハルビン~旅順間鉄道の日本への譲与を絶対条件とし,他に比較的必要条件,付加条件などをもりこんだ日露講和条約の大綱を6月30日閣議決定するとともに,7月には桂=タフト協定,8月には日英同盟の改訂を行い,日本の朝鮮支配について,アメリカ,イギリスの了解を獲得し,講和会議にそなえた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポーツマスじょうやく【ポーツマス条約】
1905年(明治38)9月、アメリカのポーツマスにおいて調印された日露戦争の講和条約。アメリカ大統領ルーズベルトの仲介によるもので、日本全権代表は小村寿太郎、ロシア全権代表はウィッテ。日本の韓国における権益の承認、旅順・大連の租借権および長春以南の鉄道と付属の利権の譲渡、樺太南半の割譲などを決めたが、賠償金は獲得できないなど講和の内容に対する国民の不満が高まり、東京では暴動が発生した。 → 日比谷焼打事件

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポーツマス条約
ぽーつますじょうやく
Portsmouth Treaty
1905年(明治38)9月4日(日本時間9月5日)、アメリカ合衆国ポーツマスで調印された日露戦争の講和条約。日本は日露戦争の個別戦闘には勝利したが、戦力が限界点に達していたため、日本海海戦の勝利を機にアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトに講和の斡旋(あっせん)を依頼した。日露両国のいずれかが圧倒的勝利を収め、満州を独占することを恐れたアメリカの立場と、国内の革命運動抑圧のため戦争終結を望むロシアの希望とが一致し、小村寿太郎(じゅたろう)とウィッテを首席全権とする講和会議が8月1日から17回にわたり行われた。ロシアの強硬な態度により日本は償金獲得をあきらめ、次の内容の条約が成立した。〔1〕ロシアは、日本が韓国において軍事上、経済上に卓越した利益を有することを承認し、日本が韓国に指導、保護および監理の措置をとることを妨げない。〔2〕両国は満州から同時に撤兵し、満州を清国に還付する。〔3〕ロシアは清国の同意を得て遼東(りょうとう)半島南部の租借権、長春(ちょうしゅん)―旅順(りょじゅん)間の鉄道と沿線の炭坑を日本に譲渡する。〔4〕ロシアは日本に樺太(からふと)の北緯50度以南を割譲し、沿海州漁業権を許与する。
 日本はこの条約でロシアの満州侵略の遺産を継承し大陸進出の地歩を固めた。しかし戦勝に過大な期待を抱いた国民は賠償金を伴わない条約に失望し、全国的な講和反対運動が起き、9月5日、日比谷(ひびや)公園で開かれた国民大会は内相官邸焼打ちなどの騒擾(そうじょう)となった。[藤村道生]
『信夫清三郎・中山治一編『日露戦争史の研究』(1959・河出書房新社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポーツマス‐じょうやく ‥デウヤク【ポーツマス条約】
明治三八年(一九〇五)、アメリカのポーツマスで調印された、日露戦争の講和条約。日本側全権小村寿太郎、ロシア側全権ウィッテ。朝鮮における日本の権益の承認、関東州(現在の大連市一帯)の租借権および、長春~旅順間の鉄道と付属利権の譲渡、南樺太などの日本への割譲、沿海州の漁業権の許与などを決めたが、賠償金が獲得できないなど、講和の内容に国民の不満が高まり、東京では日比谷焼打事件のような暴動が起きた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーツマス条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポーツマス条約の関連情報

他サービスで検索

「ポーツマス条約」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.