Rakuten infoseek

辞書

ポーカー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポーカー
Poker
ギャンブル性が強く,高度のテクニックも要するカードゲーム。何十種類もの遊び方があるが,ポーカーとして共通していることはポーカーチップを使ってベット (賭け) をすることと,持札で決められた組合せをつくり勝敗を決することである。組合せのは,(1) ストレートフラッシュ 同種のカードの5枚連続。 (2) フォーカード 同数字4枚。 (3) フルハウス 同数字3枚と他の同数字2枚。 (4) フラッシュ 同種5枚。 (5) ストレート 5枚連続。 (6) スリー・オブ・ア・カインド (スリーカード)  同数字3枚。 (7) ツーペア 同数字2枚の2組。 (8) ワンペア 同数字2枚。 (9) ノーペア 上記のどの組合せにも属していない手。ほとんどのルールではAが最高で以下順々に弱くなるが,なかには役が低いほど強いルールもある (ローボール) 。持を好みの枚数だけ交換できるドローポーカーと,交換できないスタッドポーカーがある。規定による最高の役をもった人が,他の人が賭けたチップをすべて取る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポーカー(poker)
トランプゲームの一。5枚の手札の組み合わせによる、役の強さで競うもの。駆け引きも勝負の重要な要素となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポーカー【poker】
カードゲームの一種。アメリカ人の日常に密着したカードゲームで,〈ポーカー・フェース〉とか,〈ブラフコールをかける〉といった用語がよく使われる。ポーカーの語源およびゲームの起源については諸説あるが,はっきりしない。現在のようなゲームが誕生したのは比較的新しく,1830年前後のアメリカだと思われる。発生当時のポーカーはゲームの性格を端的に表現するブラフbluffという名で呼ばれていた。各プレーヤーの手に配られた5枚のカードの組合せ方(手役

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポーカー【poker】
トランプ遊びの一。各自配られた五枚の札を基に役を作り、その役の強さを競うもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポーカー
ぽーかー
poker
カードゲーム(トランプ)の一種。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポーカー
〘名〙 (poker) トランプゲームの一種。カードの組合せ(手役)の強さを競う、賭博的色彩の強いゲーム。途中でおりると、手役のいかんにかかわらず負けとなるため、役の強さばかりでなく、かけひきも勝負の大きな要素となる。
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉六月の夜の夢「村人の催すポカと云ふ骨牌の会にと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーカー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポーカーの関連情報

他サービスで検索

「ポーカー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.