Rakuten infoseek

辞書

ポンペイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポンペイ
Pompeii
イタリア中南部カンパーニア地方,ナポリ湾東岸,ベズビオ火山南麓にあった古代都市。発掘が進められ,古代ローマ文化の様相をそのまま再現している。前6世紀オスク人によって建設され,前5世紀にはサムニウム人の町となったが,前 89年にローマの将軍 L.スラによる長期の攻囲ののち陥落。しだいにローマ化され,風光明美なため貴族の別荘地となった。 62,63年に震災を受けたあと,79年8月 24日ベズビオ火山大爆発により壊滅した。降りかかる軽石,火山灰が一瞬のうちに5~20mの高さに積もり,市民2万のうち 2000人が死んだ。以後復興されることもなく,その存在は忘れ去られていたが,16世紀末に遺跡の一部が発見され,1763年から本格的な発掘が始められ,大半が復元された。神殿,議場,広場,大浴場,劇場などが1世紀のままの状態でみられ,多くの観光客を集めている。多数の家屋からは生きながら焼かれた奴隷やイヌ,金貨を取りに戻ったために死んだ主人の遺骸などが見つかった。市域は楕円形で道路はすべて舗装され,車道,人道の別があり,ところどころに踏み石の横断歩道もある。装飾品や生活用具からはギリシア・ヘレニズムの影響を受けた文化のさまが如実にうかがわれる。彫刻,絵画にもみるべきものがあるが,なかでもアレクサンドロス3世 (大王) とペルシアのダレイオス3世のイッソスの戦いを描いたモザイク画 (→アレクサンドロスのモザイク ) は有名である。市民が残した落書きにも秀逸なものが多い。 1997年ヘルクラネウムトレアンヌンツィアータの遺跡とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポンペイ(Pompeii)
イタリア南部、ナポリ近くにあった古代都市。紀元前4世紀以来繁栄したが、79年のベズビオ火山の大噴火埋没。1748年からの発掘によって、城壁・神殿・円形劇場・壁画などが発見され、ギリシャの影響が強い都市のようすが明らかにされた。同じく噴火により埋没した近郊のエルコラーノトッレアヌンツィアータとともに、1997年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ポンペイ
2014年製作のカナダ、ドイツ映画。原題《Pompeii》。監督:ポール・W・S・アンダーソン、出演:キット・ハリントン、キャリー=アン・モス、エミリー・ブラウニングほか。紀元79年のヴェスヴィオ火山の噴火で地中に埋もれたイタリアの都市ポンペイを舞台とする歴史アクション。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポンペイ【Pompeii】
イタリアの古代都市。カンパニア州北西部,ナポリの南東約23kmのナポリ湾沿岸,ベスビオ山の南麓に位置する。交通の要衝,肥沃な後背地などの条件によりオスキ人がまず集落をつくった。やがて前8世紀以降ギリシア人植民者,エトルリア人が移り住み,町は拡大した。交易が栄え,農産物,ブドウ酒,魚介類,軽石を産し,輸出した。ギリシア神殿もできたがオスキ・イタリア文化も発展した。前5世紀にはサムニウム人の進出で略奪をうけ,ついにはその支配下に入り,ヌケリアNuceriaを盟主とする都市同盟の一員となり,貴族共和政の体制を保った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポンペイ【Pompeii】
イタリア南部、ナポリ湾岸にあるベスビオ火山南麓にあった古代都市。ローマ時代に栄えたが79年のベスビオ山噴火によって埋没。1748年に発見され発掘が進み、観光地として有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポンペイ
ぽんぺい
Pompei
イタリア南部にあった古代都市。現在のカンパニア州ナポリ県、ナポリの南東23キロメートルに同名の町があり、その西方に古代のポンペイの町全体が古代遺跡として保存されている。1997年にエルコラノ、トッレ・アヌンツィアータの遺跡とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[松本宣郎]

歴史

ベスビオ火山南東麓(ろく)の肥沃(ひよく)な土地で、ナポリ湾に近く交通要地でもあったために、古くイタリア先住のオスク人が集落をつくっていた。紀元前8世紀にはギリシアの植民者が来住し、前7世紀にはエトルリア人も移住して都市国家に成長し、貴族共和政となったと考えられている。ギリシア神殿ができ、家屋も増えた。ブドウや農産物、魚貝類を多く産し、軽石などをも輸出して栄えた。前5世紀には山地に住むサムニウム人の略奪を受け、ついには占領された。しかしオスク・ギリシア文化がむしろ優勢で、広場や家屋のモザイクにそれが表れ、市域も拡大し城壁がつくられた。のちローマの進出によりその支配下に入るが、第二次ポエニ戦争時にはカルタゴのハンニバルに味方した。さらに同盟市戦争(前91~前88)でもローマに抵抗し、ローマ市民権を獲得したものの結局ローマの支配に服し、ローマの有力者スラの派の退役兵が多数植民して、都市の名もスラの家名を付してよばれるようになった。
 以後急速にラテン化、ローマ化が進み、都市参事会制度も整った。ローマの富裕者が好んで別荘をつくり、劇場、神殿、バシリカ、浴場、凱旋(がいせん)門、柱廊、商店が続々と建設された。ギリシアやアレクサンドリアなど東方との通交も続けられ、イシスなどオリエントの神々の崇拝も盛んで、芸術家、職人も集まり、邸宅や公共建築の装飾に活躍した。最盛時の人口は1万5000~2万を数え、カンパニアでも有数の壮麗な都市となった。帝政期に入っても保養地として繁栄を続け、水道や舗装路も整備された。しかし、紀元後63年2月に大地震に襲われ、住民が不安に陥っていたところ、79年8月24日ベスビオ火山が大爆発をおこした。ポンペイには大量の火山灰、火山礫(れき)が降り注ぎ、町全体が埋没した。死者は2000人と推定される。その後ポンペイは二度と復興されることなく忘れ去られた。当時のポンペイが都市としての盛期を過ぎていたことが、放棄された理由とされる。[松本宣郎]

発掘と遺跡

16世紀なかばになって、土に埋もれた古代都市の存在が発見され、1748年に発掘が開始された。発掘に伴って、古代ローマ時代の都市生活の実態が驚くほど明瞭(めいりょう)にされてきた。現在は8割が発掘され、巨大な遺跡公園として、火山灰に埋もれる直前の街のたたずまいがそのまま再現されている。フォルム(広場)を囲むアポロ、ウェヌス、ユピテルの各神殿、三角広場の大小の劇場、1万5000人収容の大闘技場などの大建築に加え、車道と歩道が区別され横断歩道すらある街路、食料雑貨の小売店、酒場などの貴重な建物がある。また裕福な商人ウェッティの家、悲劇詩人の家など富豪の邸宅の豪奢(ごうしゃ)なようすも目だち、ことに郊外の秘儀荘の家からは華やかなディオニソスの密儀の壁画が発見されている。そのほか、逃げ遅れた人間や犬、食事中のテーブル、さまざまな食物、医療器具、遊具、ポスター、その他日常品なども多数発掘され、ポンペイはまさに古代ローマ人の生活を知るための宝庫となっている。遺跡は考古学研究所の管轄下にあって発掘が続けられる一方、多くの見学者を集めている。アレクサンドロス大王のモザイクなど多くの出土品は、ナポリの国立博物館に収められている。現在の町は人口2万5751(2001国勢調査速報値)で、巡礼の聖地をなす教会、鉱泉、火山観測所などがあり、食品工業が行われる。[松本宣郎]
『呉茂一編『世界の文化史蹟 ローマとポンペイ』(1968・講談社) ▽コルティ著、松谷健二訳『ポンペイ』(1964・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポンペイ
(Pompeii) イタリア南部、ナポリ湾湾岸の古代都市。ナポリの東南方、ベスビオ(ベスビアス)火山のふもとにあって、前五世紀頃から栄えた。七九年、ベスビオ火山の大爆発により、火山礫・火山灰に埋没。その遺跡は一八世紀に発掘されて、城壁、神殿、円形劇場、壁画などが発見され、ギリシアの影響の強い都市の全容が明らかにされつつある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポンペイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポンペイの関連情報

他サービスで検索

「ポンペイ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.