Rakuten infoseek

辞書

ポンペイ島【ポンペイとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポンペイ島
ポンペイとう
Pohnpei Island
ミクロネシア連邦カロリン諸島東部にある火山島。旧称ポナペ島。中央の高地と周囲の低地からなり,外側は堡礁によって囲まれている。最高点はトトロム山(ドロームウォー山)の標高 791m。中央の高地は密林に覆われ,周囲の低地の土壌肥沃コプラを産出する。1828年ロシアの軍艦『セニャビン』が来航した。ナンマトール遺跡(2016世界遺産の文化遺産に登録)をはじめ,玄武岩や巨石サンゴでつくられた王宮,墓地,防壁などの巨石遺構が島の各所に見られる。ミクロネシア連邦の首都パリキールがある。面積 334.1km2。人口 3万6196(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポンペイ‐とう〔‐タウ〕【ポンペイ島】
Pohnpei》太平洋西部、ミクロネシア連邦東部の火山島。北西部に首都パリキール、北部に中心集落コロニアがある。コプラを産するほか、かつおぶし製造と製糖業が盛ん。ポーンペイ島。ポナペ島。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポンペイ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポンペイ島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.