Rakuten infoseek

辞書

ポリエステル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポリエステル
polyester
主鎖の繰返し単位中にエステル結合 ( -CO-O- ) をもつ重合体総称。狭義には,熱硬化性の不飽和ポリエステルをいうことがある。テレフタル酸エチレングリコールとの重縮合で得られるポリエチレンテレフタレートは,ポリエステル繊維として多量に使用されているほか,フィルム,樹脂などとしても用いられている。このほか代表的なポリエステルとして,不飽和ポリエステル樹脂アルキド樹脂がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポリエステル(polyester)
エステル結合-CO-O-をもつ高分子化合物の総称。エチレングリコールテレフタル酸との縮重合によって得られるエチレンテレフタラートが代表的で、合成繊維テトロンなどが作られる。合成樹脂には、不飽和ポリエステル樹脂・アルキド樹脂などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ポリエステル
 重合体で,構造にエステル結合をもつもの.ポリエチレンテレフタル酸など.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポリエステル【polyester】
分子内に-CO-O-結合をもつ高分子化合物の総称。熱硬化性の不飽和ポリエステル樹脂アルキド樹脂ポリエチレンテレフタレートに代表される熱可塑性のポリエステルがある。一般には2価以上のアルコールと2価以上のカルボン酸の重縮合によってつくられる。【森川 正信

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポリエステル【polyester】
多価カルボン酸と多価アルコールとの縮合重合によって得られる高分子化合物の総称。代表例はテレフタル酸とエチレングリコールからつくられるポリエチレンテレフタレート繊維で、テトロン・ダクロンなどの商標名で普及している。抗張力・折り曲げ強度・電気絶縁性が高く、合成繊維やフィルム材、機械・電気部品として広く利用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポリエステル
ぽりえすてる
polyester
エステル結合-CO-O-を分子の主鎖中にもつ重合体(ポリマー)の総称。プラスチックボトル、プラスチックフィルム、合成繊維に大きな用途がある。熱可塑性の飽和ポリエステルと、熱硬化性の不飽和ポリエステルとがある。飽和ポリエステルの代表的なものはポリエステル繊維であり、不飽和ポリエステルはガラス繊維マットを基材にした強化プラスチックである。[垣内 弘]

製法

テレフタル酸とエチレングリコールとを混合して加熱する。生成する水を減圧で飛ばして重縮合させていくとポリエチレンテレフタレート(略称PET(ペット))になる。ポリエチレンテレフタレートは融点250~260℃であるから、窒素気流中で溶融して小さな孔(あな)から押し出すと単繊維になる。この繊維を日本では「テトロン」Tetoronとよんでいる。糸にするかわりに薄いフィルムにしたものがPETフィルムで、強靭(きょうじん)で容易に破れない。磁気記録媒体用ベースフィルム、とくに磁気テープ用PETフィルムとして使用されている。またPET製の瓶(ペットボトル)も多く生産され、その生産量は2001年(平成13)で66万2000トンである。
 強度的により優れたポリエステルフィルムとして、テレフタル酸をナフタレン-2,6-ジカルボン酸に置き換えたポリエステルフィルム(テイジンQフィルム)、エチレングリコールのかわりにブタンジオールを用いたポリブチレンテレフタレート(略称PBT)などが開発されている。そのほかにフタル酸とグリセリンとからなる熱硬化性のグリプタル樹脂(アルキド樹脂の一種)をポリエステルに入れる場合がある。ポリエステル系合成繊維は、ポリアミド系(ナイロン)、ポリアクリロニトリル系(アクリル繊維)とともに、合成繊維の主力を占めている。[垣内 弘]
『工業調査会編・刊『プラスチック技術全書13 ポリエステル樹脂』(1970) ▽片岡俊郎ほか著『エンジニアリングプラスチック』(1987・共立出版) ▽湯木和男著『飽和ポリエステル樹脂ハンドブック』(1989・日刊工業新聞社) ▽守屋晴雄著『ナフサ体系の商品学』(1997・森山書店) ▽日本化学会編、今井淑夫・岩田薫著『高分子構造材料の化学』(1998・朝倉書店) ▽シーエムシー編・刊『ポリエステル樹脂総合分析』(2000) ▽化学工学会SCE・Net編『進化する化学技術――オンリー・ワン技術への挑戦』(2003・工業調査会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポリ‐エステル
〘名〙 (Polyester) 主鎖中にエステル結合(-CO-O-)をもつ高分子化合物の総称。アルキド樹脂、ポリエステル系合成繊維など。〔石油化学の話(1956)〈林茂〉〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ポリエステル
ポリエステル
polyester

主鎖中にカルボン酸エステル基を含むポリマーの総称.ポリエステルの最初の技術的な応用は,第一次世界大戦中におけるグリセリンとフタル酸とから生成する,主としてコーティングに使用されたグリプタル樹脂にはじまるが,科学的技術的な発展は,1920年代のR.H. KienleとW.H. Carothersの研究からはじまる.線状の単独重合ポリエステルは,二つのおもな形がある.一つは,ヒドロキシカルボン酸の自己エステル化によって生成するものであり,

もう一つは,ジオールとジカルボン酸との反応で生成するものである.

これらの反応は縮合反応であるので,ポリエステルは縮合型のポリマーに分類されるが,ラクトンの開環重合によってもポリエステルを合成することができる.

繊維として使用されるポリエステルのうち,もっとも広く使用されているのは,エチレンジグリコールとテレフタル酸のエステルであるポリエチレン=テレフタラート(PET)である.

このポリエステルは,またフィルムとしての性質もすぐれており,写真フィルム,包装用フィルム,コンデンサーなどの電気部品,磁気テープなどに多量に使用されている.また,飲物用ボトルとして使用されている.どちらかの成分,あるいは両方とも多官能性のものを使用すると,三次元的に架橋したポリエステル樹脂がつくられる.アルキド樹脂とよばれるものがそれである.グリセリン無水フタル酸との縮合によるものが代表的な例であるが,この種の樹脂は反応を完全に行うと,不融・不溶となるため,反応を適当のところで止め,まだ熱可塑性の残っているプレポリマーの状態で成形加熱して硬化させる.この架橋を容易にかつ十分に行うため,とくに塗料などに使用する場合には適当な不飽和性を導入することが望ましく,成分として不飽和のカルボン酸などを加えることが行われる.さらにエチレングリコールとマレイン酸との縮合によって生成した直鎖状のポリエステルをまずつくり,この分子中の二重結合とスチレンのような不飽和化合物と触媒を加え,常温または加熱して付加重合反応を行わせて三次元的な構造をもつ樹脂に硬化させる.一般に,不飽和ポリエステル樹脂とよばれるものがある.この樹脂は耐候性,耐水性にすぐれており,ガラス繊維などと組み合わせて,機械的性質を強化して強化ポリエステル(FRP)として軽量構造材料などに重要な地位を占めている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリエステル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリエステルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.