Rakuten infoseek

辞書

ポナペ島【ぽなぺとう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポナペ島
ぽなぺとう
Ponape
太平洋西部、ミクロネシアカロリン諸島東部の島。旧名アセンションAscension島、正称ポーンペイPohnpei島。同諸島中最大の島で、東西37.6キロメートル、南北19キロメートル、面積334平方キロメートル。火山島で、最高峰はトトロムTotolom峰(791メートル)。この島を中心にしてミクロネシア連邦のポーンペイ行政区(人口4万7000、2001推計)がある。中心集落は北岸のコロニアKoloniaで、通常これをポナペ町という。ドイツ領時代に開かれたヤシ栽培によるコプラ生産、日本統治時代に技術指導されたかつお節製造と製糖工業が主産業である。北西部にはミクロネシア連邦の首都パリキールがある。[大島襄二]

住民

島民の言語であるポナペ語は、オーストロネシア語族の一員で、中核ミクロネシア語に属する。島民の主要な作物はパンノキとヤムイモであるが、ヤムイモは儀礼的祭宴におもに使用される。位階、称号、初物献上、表敬行動(敬語、礼儀)を軸とする首長制政治組織が発達している。島は五つの地区に分かれ、それぞれにナンマルキとナニケンという最高位の称号があり、伝統的に二つの首長氏族により保持されていた。この二つの系統の下にそれぞれ12の位付けされた主要な称号があり、それは家系あるいは土地管理、儀礼的祭宴における貢献度に応じて、各地域集団の長に与えられた。[牛島 巖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポナペ‐とう ‥タウ【ポナペ島】
(ポナペはPonape) 南西太平洋、ミクロネシア連邦のカロリン諸島最大の火山島。玄武岩の溶岩台地からなり、周囲に堡礁がある。第一次世界大戦後日本の委任統治領となり、第二次世界大戦後はアメリカ合衆国の信託統治領。コプラを産する。中心都市コロニア。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポナペ‐とう〔‐タウ〕【ポナペ島】
Ponape》⇒ポンペイ島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポナペ島
ポナペとう
ポンペイ島」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポナペ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポナペ島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.