Rakuten infoseek

辞書

ポックスウイルス【ぽっくすういるす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポックスウイルス
ぽっくすういるす
poxvirus
ポックスウイルス科に属するウイルスの一群。2本鎖DNA(デオキシリボ核酸)をもち、外部に多重のタンパク質からなるコート(外皮)があって、1~2個のラテラルボディ(側体)と内部にゲノムをもつコアを包んでいる大形(約200×300ナノメートル。1ナノメートルは10億分の1メートル)のれんが型ウイルス。宿主(しゅくしゅ)(ウイルスの寄生対象となる生物)の原形質内で増生(増殖)するDNAウイルスである。ビリオン(細胞外で感染性を有するウイルス粒子)内にDNA依存性やRNAポリメラーゼ(DNA依存性RNAポリメラーゼ。DNA鋳型からのRNA=リボ核酸形成を触媒する酵素。RNA依存性の場合もある)をもっている。ポックスウイルスは、NP抗原(ウイルスの核酸から抽出される水溶性抗原)に共通抗原をもつ次の八つのウイルス属よりなる。すなわち、オルトポックスウイルスOrthopoxvirus、アビポックスウイルスAvipoxvirus、レポリポックスウイルスLeporipoxvirus、カプリポックスウイルスCapripoxvirus、パラポックスウイルスParapoxvirus、スイポックスウイルスSuipoxvirus、モルシポックスウイルスMolluscipoxvirus、ヤタポックスウイルスYatapoxvirusである。このなかではオルトポックスウイルス属に含まれる痘瘡(とうそう)ウイルス(天然痘ウイルス)がもっともよく知られている。[曽根田正己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポックスウイルス(poxvirus)
ポックスウイルス科に属するウイルス総称。いずれもエンベロープをもつDNAウイルスで、宿主細胞原形質内で増殖する。痘瘡(とうそう)天然痘)、牛痘鶏痘を引き起こすウイルスが知られる。痘瘡ウイルス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポックスウイルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポックスウイルスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.