Rakuten infoseek

辞書

ポインター【ポインター】

デジタル大辞泉

ポインター(pointer)
犬の一品種。英国原産の代表的な中形猟犬。短毛、垂れ耳で、白地に橙・黒などの斑がある。獲物をかぎ当てると立ち止まり、獲物の方向に鼻先を向けて指し示す姿勢をとる。
指し示すもの。レーザーポインターアローポインターなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぽいんたー【ポインター】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポインター【pointer】
イヌの一品種。スペイン原産。体高50~65センチメートル。被毛は短く白地に黒や黄褐色の斑点がある。猟犬として用いられる。獲物を見つけると場所を指示(ポイント)する姿勢をとる。
黒板やスクリーンなどを指し示すために使う棒や機器。
コンピューターでマウスがどこを指しているかを示すカーソル。矢印で表示されることが多い。
プログラミングで、データの格納場所を示す値。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポインター
pointer
イヌの1品種で,鳥猟犬。一般にはイングリッシュ・ポインターをさす。祖先はポルトガルやスペインの地犬で,イギリスで改良された。嗅覚がよく発達し,足も速い。獲物を発見すると,その前方に立止り,確実にポイント,すなわち鳥のありかを指示するので,ポインターと呼ばれるようになった。体高 58~64cm,体重 23~27kg。短毛で,毛色は,黄と白,橙と白,黒と白などのまだらである。なお,ポインターの仲間にはこのほかジャーマン・ショートヘアード・ポインター,ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター,フレンチ・ポインター,イタリアン・ポインターなどがある (→狩猟犬 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポインター
ぽいんたー
pointer
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1グループで、鳥猟に用いられる猟犬のなかでは、セッターと並んでもっともよく知られている。名称は、獲物を発見すると立ち止まって姿勢を低くし、鼻先を前方に伸ばし、尾を後方に伸ばして、前足の一方をあげて獲物の位置を指し示すようにするところからきている。イギリス原産のイングリッシュポインターがもっとも有名で、単にポインターというと本種をさすことが多い。バランスのよい体形をした、短毛、垂れ耳の犬種で、垂れ耳のために柔和な感じを与えるが、筋腱(きんけん)の発達はよく、持久力に富み、勇敢である。その持久力と勇敢さが買われて、土佐(とさ)闘犬の血のなかにも本種の血が導入されている。体高61~69センチメートル、体重22.5~24.75キログラム。毛色は、白地にオレンジ、黒、レバー色などの斑(はん)がある。そのほか、ドイツ原産のジャーマンショートヘアードポインターがよく知られている。体形はイングリッシュポインターに似ているが、尾を適度の長さに断尾する。体高53~64センチメートル、体重20~31.5キログラム。毛色は、白地にチョコレート色、レバー色の大小の斑が全身に散る。白地の部分は少なく、レバー色一色のものもある。鳥猟のほか、小獣猟にも用いられる。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポインター
〘名〙 (pointer) 犬の品種群。体高六〇~七〇センチメートル。耳は垂れ、足が長く、毛は一般に短い。もともとスペイン原産の猟犬で、ヨーロッパ各地で品種改良された。背から尾を一直線にのばし、前肢の一方を持ち上げて獲物の所在を指示する姿勢(「ポイント⑧」)からポインターと呼ばれる。イギリス原産のイングリッシュ‐ポインターや、ドイツ原産のジャーマン‐ポインターなどがある。嗅覚が鋭く、鳥猟犬に最適。
※亜非利加内地三十五日間空中旅行(1883‐84)〈井上勤訳〉二「『セッター』(狩犬)或は『ポインター』(狩犬)の如き鋭敏なる鼻を有(もた)ざれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポインター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポインターの関連情報

他サービスで検索

「ポインター」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.