Rakuten infoseek

辞書

ボールド【ぼーるど】

デジタル大辞泉

ボールド(bold)
欧文活字で、肉太の書体ボールドフェース。「ボールド体」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボールド
《blackboardの略》黒板

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ボールド
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&Gジャパン)が販売する洗濯用粉末合成洗剤の商品名。蛍光剤、漂白剤配合で液性は弱アルカリ性。柔軟剤入りで綿・麻・合成繊維用。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ボールド【bold】
欧文書体の一。立体で、ローマンよりも肉太である。ボールド体。 → ローマン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボールド
〘名〙 (board)⸨ボード
① 黒板。
※団団珍聞‐五二五号(1886)「又此譬へを面白おかしく戯画に仕組みボールドへ画きながら」
② 掲示板。
※闘牛(1949)〈井上靖〉「人も、勝敗を記録するボールドも」
バスケットボールで、ゴールのかごのついている板。
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「バスケット・ボールのゴールのボールドが半分見え」
[語誌]①は、訳語としてはまず「塗板(ぬりいた・ぬりばん)」があてられたが、間もなく「黒板」「ボールド」が使われるようになった。文部省の公文書や教授書では専ら「黒板」が用いられたため、これが最も一般的な名称となったが、「塗板」は明治末年頃、「ボールド」は昭和前期まで用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボールド
〘名〙 (bold) 欧文活字で、肉太の書体。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボールド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボールドの関連情報

他サービスで検索

「ボールド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.