Rakuten infoseek

辞書

ボークラン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボークラン
Vauquelin, Nicolas-Louis
[生]1763.5.16. サンアンドレデベルト
[没]1829.11.14. サンアンドレデベルト
フランスの化学者。農家の生れ。 14歳で薬屋に奉公し,そこで F.フールクロアに見出され,その助手となる (1783~91) 。パリのエコール・ポリテクニク教授 (95) ,コレージュ・ド・フランス教授 (1801) 。のちフールクロアの後継者としてパリ医学校の化学教授 (09) 。 1797年のクロムの発見に続いてベリリウムを発見し,またキナ酸の発見,アスパラギン,ショウノウ酸の発見でも知られる。下院議員に選出された (27) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボークラン【Nicolas Louis Vauquelin】
1763‐1829
フランスの分析化学者。ノルマンディー地方の農家に生まれ,ルーアン薬局で徒弟奉公ののち,パリに出てフルクロアA.F.Fourcroy(1755‐1809)の助手となり,以後多くの研究を共同で行った。鉱山監督官や,鉱山大学,自然史博物館などの教授を歴任し,1811年フルクロアの後任として医科大学の化学教授となった。1797年シベリア産の紅鉛鉱からクロムを発見し,翌年その単離に成功。また同年緑柱石からベリリウムを発見した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボークラン
ぼーくらん
Nicolas Louis Vauquelin
(1763―1829)
フランスの分析化学者。ルーアンの薬局で徒弟奉公ののち、パリに出てフールクロアに認められ、助手となった。鉱山大学、自然史博物館などの化学教授を歴任、1811年フールクロアの後任として医科大学教授に就任した。実験家として優れ、1797年シベリア産の紅鉛鉱からクロムを発見、翌1798年その単離に成功。また同年緑柱石からベリリウムを発見した(単離は1828年ウェーラーとビュシーAntoine A. B. Bussy(1794―1882)による)。有機物では、アスパラギンの発見(1805)、リンゴ酸やキニン酸の研究、骨や脳、血液の分析などがある。[内田正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボークラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボークランの関連情報

関連キーワード

平賀源内アメリカ独立革命イギリス・フランス植民地戦争ワシントン(George Washington)ビュート伯本居宣長ニューフランスラルサ辺境伯オペラハウスサンドウィッチ(伯)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.