Rakuten infoseek

辞書

ボーア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボーア
Bohr,Niels (Henrik David)
[生]1885.10.7. コペンハーゲン
[没]1962.11.18. コペンハーゲン
デンマークの理論物理学者。父はコペンハーゲン大学の生理学教授。 1911年コペンハーゲン大学から学位を取得後,イギリスへ留学。 J. J.トムソン,E.ラザフォードらのもとで研究。 16年コペンハーゲン大学の教授に任命されるまで,イギリスとデンマークの間を往復。 21年にコペンハーゲン理論物理学研究所を創設し,みずから所長となり,世界でも有数の研究所に育て上げた。 1913年ラザフォードの原子模型プランク量子仮説とを組合せ,水素原子のスペクトルの説明に成功 (→ボーアの原子理論 ) 。これ以後量子論建設に中心的な役割を果した。 18年古典論と量子論を関係づける対応原理を発表,27年量子論の提起した認識論的問題に対して相補性の概念を展開。 1930年代原子核が研究対象になるに及び,核の液滴模型を提出し,原子核理論に大きな影響を与えた。 40年母国がドイツ軍に占領され,43年身の危険を感じ一家でスウェーデンに逃れた。その後息子の A.N.ボーアとともにイギリス,アメリカで原子爆弾開発に協力したが,第2次世界大戦後は原子力の平和利用運動に尽力した。 1922年ノーベル物理学賞受賞

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーア
Bohr, Aage N.
[生]1922.6.19. コペンハーゲン
[没]2009.9.8. コペンハーゲン
デンマークの物理学者。フルネーム Aage Niels Bohr。1922年にノーベル物理学賞を受賞したニルス・ボーアの子として生まれた。コペンハーゲン大学に学ぶが,在学中の 1940年代にアメリカ合衆国に渡り,父とともにロスアラモス原子爆弾の開発に従事した。第2次世界大戦後の 1946年に帰国し,父が設立したニルス・ボーア理論物理学研究所に加わり,1963~70年同所長。その間の 1954年に博士号を取得。1950年代前半,レオ・J.レインウォーターの理論に触発され,ベン・R.モッテルソンとともに原子核の集団運動の理論を完成,核子の運動が原子核を変形させることを実験で証明した。これはすべての原子核は常に完全な球形であるとする従来の理論を覆すもので,核融合の研究・開発にとって重要な一歩となった。1975年,レインウォーター,モッテルソンとともにノーベル物理学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーア
潮津波」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボーア(Niels Henrik David Bohr)
[1885~1962]デンマークの理論物理学者量子仮説導入により原子構造を解明し、元素周期律を説明。相補性原理の提唱など、原子物理学進歩に貢献した。また原子力の国際管理を提言。1922年ノーベル物理学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボーア【Harald Bohr】
1887‐1951
デンマークの数学者。原子物理学者N.ボーアの弟。コペンハーゲン大学においてツォイテンH.G.Zeuthenの指導を受け,C.ジョルダンの《解析教程》やL.ディリクレの《整数論講義》などを勉強した。卒業後,ゲッティンゲンのE.ランダウ,ケンブリッジのG.H.ハーディ,オックスフォードのJ.E.リトルウッドなどをたびたびおとずれて解析学の研究を進めた。1910年に学位論文ディリクレ級数のチェザロ総和法》によって博士号を授けられ,コペンハーゲン大学の教員となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ボーア【Niels Henrik David Bohr】
1885‐1962
デンマークの理論物理学者。コペンハーゲンに生まれ,コペンハーゲン大学で学ぶ。1911年の学位論文のテーマは,金属の諸性質を包括的な理論によって説明しようと多数の理論物理学者が取り組んでいた〈金属の電子論の研究〉であった。徹底した古典物理学による検討にもかかわらず,熱放射や磁性などの合理的説明を与えることはできなかったが,この検討によって,彼は原子内部の運動を記述する新理論にはプランクの量子仮説が不可欠であることを認識した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぼーあ【ボーア】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ボーア【Boer】
アフリカーナのこと。「農民」の意。ブール。ボーア人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーア【Niels Bohr】
1885~1962 デンマークの物理学者。ラザフォードの原子模型にプランクの量子仮説を導入し原子構造論を確立。古典力学から前期量子論を橋渡しとして量子力学の形成に至る過程で、指導的役割を果たした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボーア
〘名〙 (bore) 満潮時、津波のような高い波を伴って、急速に海水が河川をさかのぼる現象。潮津波。海嘯(かいしょう)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーア
(Niels Henrik David Bohr ニールス=ヘンリック=ダービッド━) デンマークの物理学者。水素原子の構造を研究し、水素スペクトル系列の説明に成功した。ボーアの原子構造論として知られる。第二次世界大戦中アメリカの原子爆弾製造に協力。戦後原子力の国際管理を提唱した。一九二二年ノーベル物理学賞受賞。(一八八五‐一九六二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ボーア
ボーア
Bohr, Niels Henrik David

デンマークの理論物理学者.コペンハーゲン大学に学ぶ.ノーベル賞(1922年)の対象となった原子構造の研究(1913年)は,学位論文で金属電子論を扱い,古典物理学の限界を知ったことと,有核原子模型を発見したE. Rutherford(ラザフォード)がいるマンチェスター大学に留学したことが契機となっている.固有X線のエネルギーが光量子として放出されることから,原子は定常状態にある限り古典力学で説明できるが,光の放出・吸収に際して電子は量子仮説に従い,状態から別の状態へと励起すると考え,水素原子スペクトルのバルマー公式などを説明した.ここにはすでに,のちに対応原理として提起された新旧の理論をうまく使い分ける方法が見える.1916年コペンハーゲン大学理論物理学教授.1921年理論物理学研究所(ニールス・ボーア研究所)を創設.自由で活力ある研究者集団コペンハーゲン学派を形成し,相補性の原理の提唱など量子力学の建設に貢献した.その後,原子核構造について研究し,第二次世界大戦中は原爆計画に参加する一方,原子力の国際管理を英米首脳に提唱した.戦後は国際協力による科学研究の発展に尽力した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ボーア
Niels Henrik David Bohr
1885〜1962
デンマークの物理学者
ラザフォードに師事。1921年ボーアの原子模型から周期律表味を説明。1922年ノーベル物理学賞を受賞。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボーアの関連情報

関連キーワード

コロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)マンダレー東京芸術大学120周年天津条約巨文島事件清仏戦争天津条約クーパーグラント

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.