Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ボニファチウス7世【ボニファチウスななせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボニファチウス7世
ボニファチウスななせい
Bonifatius VII
[生]?. ローマ
[没]985.7. ローマ
教皇あるいは対立教皇在位 974,984~985)。助祭枢機卿(→カーディナル)だったが,ローマの有力貴族クレスケンチウス家の後ろだてを得て教皇ベネディクツス6世を殺害し,教皇位を簒奪した。しかし神聖ローマ皇帝オットー2世によって廃位され,コンスタンチノープルへ逃れた。983年にオットー2世が死去すると,翌 984年にクレスケンチウス家によりローマへ呼び戻され,教皇ヨハネス14世投獄,おそらく殺害し,再び教皇位についた。翌 985年にローマの民衆によって殺害された。2人の教皇を殺したとされ,教皇としての正統性を疑われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボニファチウス7世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボニファチウス7世の関連情報

関連キーワード

スベン[1世]寛和ヨハネス15世(16世)ハーラルスベンハラール(青歯王)日本年号一覧五根三熱十念

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.