Rakuten infoseek

辞書

ホース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホース
hose
蛇管ともいう。ゴム,布などでつくった屈曲性のある管。水まきなど,自由に屈曲し,可搬性移動性を必要とする作業に使う。最も一般的なゴムホースのほか,ビニルなどのプラスチックホースやメタルホースがある。ゴムホースは,天然ゴム,合成ゴム,再生ゴムでつくり,布巻き式と編上げ式があるが,編上げ式はたわみ性に富み,耐圧力も高い。用途別に,送水用,送気用,酸素用,アセチレン用,蒸気用,ガーデン用,散水用,吸水用,油圧用高・低圧ホースなどがある。またゴムチューブの代りに,ナイロン,テフロン樹脂のチューブを使った,溶剤用,耐熱油用ホースもある。プラスチックホースは,塩化ビニル樹脂ポリエチレンの軟質管で,散水用として広く一般家庭で使用されている。メタルホースは,鋼,銅,銅合金アルミニウムの薄板を螺旋状に組合せ,ゴムや石綿でパッキングして気密性とたわみ性をもたせたもので,熱ガス,蒸気,水,油を送るため,または電線の保護管伸縮継手として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ホース(〈オランダ〉hoos)
ゴム・ビニールなどで作った、液体気体などを送るための管。蛇管

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホース(horse)
馬。「ダークホース

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

ホース
中石

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほーす【ホース】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ホース【hoos】
ゴムやビニールなどで作った、液体や気体を送るための管。蛇管。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホース【horse】
馬。 「ダーク-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ホース
〘名〙 (hoos 樋の意) ゴムやビニールなどでつくった、液体や気体を送るためのやわらかい管。
※桐畑(1920)〈里見弴〉妬心「水道からホオスを引いて来て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホース
〘名〙 (horse) 。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホースの関連情報

他サービスで検索

「ホース」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.