Rakuten infoseek

辞書

ホン川【ホンがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ホン川
ホンがわ
Song Hong
ホンハ (紅河) ,あるいはソンコイ Song Coi川ともいう。中国ではユワン (元) 江。中国南部とベトナム北部を流れる川。中国のユンナン (雲南) 省ターリー (大理) 付近にを発し,同省,次いでベトナム北部を南東方向に流れ,ハノイを経てバクボ (トンキン) 湾に注ぐ。全長約 1200km。主要支流は右岸ダ川左岸のロ川。ビエッチより下流の沿岸一帯にこの川の氾濫で形成された広大なホン川デルタが広がる。このデルタ肥沃で,南部のメコン川デルタに次ぐベトナムの穀倉地帯であり,人口が稠密なことで知られる。ホン川の流水は 1m3あたり最高 3kgの泥土を含んでおり,しかも流れが山地から急に平地におりてよどむため,泥土の沈積が激しい。このため河床は高く,雨季にはハノイ付近で水面が水田よりも6~10mも高くなり,しばしば洪水を起す。なお紅河の名称はこの泥土の色にちなむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ホン‐がわ〔‐がは〕【ホン川】
Hong》ベトナム北部の川。中国雲南省の山地に源を発し、ハノイを経てトンキン湾に注ぐ。全長1200キロ。鉄分を含む水の色から、紅河ともよばれる。旧称ソンコイ川

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ホンがわ【ホン川】
ソンコイ川の別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ホン川
ほんがわ
Song Hong
ベトナム北部を流れるソン・コイ川の別称。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホン川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホン川の関連情報

関連キーワード

オコト・ビテックシットウェルジャズイディナ・メンゼルイメージソングコマーシャルソングソンコイ川テーマソングホームソングメッセージソング

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.