Rakuten infoseek

辞書

ホヤ

栄養・生化学辞典

ホヤ
 脊索動物門ホヤ綱の海に棲む動物.マボヤHalocynthia roretzi]や,アカボヤ[H. aurantium]などの主に筋肉を食用にする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

ホヤ

《栄養と働き&調理のポイント》


 ホヤは「海花」「保夜」と書いたりしますが、一般的には「海鞘」です。これは、かたい外皮を鞘(さや)に見立てたといわれています。ホヤの外皮は、ゴムのようなイボイボが多数あり、それをむくとオレンジ色の身が現れます。
 体長は約15cm、幅は約10cm。三陸海岸や牡鹿(おが)半島以北の沿岸に生息し、3年で食用の大きさになります。雌雄同体で、身が厚くなり、うまみが増す旬(しゅん)は、初夏です。
○栄養成分としての働き
 体の約90%が水分で、ホヤには際だった成分はありませんが、低カロリーなのに鉄や亜鉛(あえん)が多いのが特徴です。
 鉄は、血液中のヘモグロビンの成分になり、鉄が不足すると、貧血状態になって、疲れやすくなったり、息切れ、めまいなどの症状が起こりやすくなります。
 そして亜鉛は、味覚や嗅覚を正常に保つのに必要な成分です。また、子どもには発育に不可欠で、成人では、皮膚や髪の健康を保つうえで必要な栄養素です。
 亜鉛が不足すると、味覚異常、発育不全、肌荒れ、抜け毛などが生じやすくなります。
 調理は、外鞘(がいしょう)を裂き、中身を取りだし、身の中央にある黒い内臓を取り除きます。身を薄切りし、キュウリとあわせた酢のもののほか、煮もの、焼きもの、新鮮なら刺身のままでもおいしくいただけます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

事典 日本の地域ブランド・名産品

ホヤ[水産]
ほや
東北地方、宮城県の地域ブランド。
宮城のほやの漁獲量は全国第1位で、全国シェアのおよそ8割を占める。ホヤ(マボヤ)は主に初春から夏にかけて獲られる。そのかたちから海のパイナップルと呼ばれ、宮城を代表する夏の珍味として知られる。刺身や酢の物など多くは生で食べられるほか、蒸しほや・くんせい・塩辛など珍味加工品としても人気がある。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ホヤの関連情報

他サービスで検索

「ホヤ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.